喜びなき街とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 喜びなき街の意味・解説 

喜びなき街

原題:The Joyless Street Die freudlose Gasse
製作国:ドイツ
製作年:1925
配給:メルカトル商店
スタッフ
監督:G. W. Pabst G・W・パブスト
原作:Hugo Bettauer ヒューゴー・ベタウァー
脚色:Willy Haas ウィリー・ハース
撮影:Oertel 

Lach 
キャスト(役名
Jaro Furth ヤロ・フユルト (Hofrat Rumfort)
Greta Garbo グレタ・ガルボ (Grete Rumfort)
Asta Nielsen アスタ・ニールセン (Maria Lechner
Karl Etlinger カール・エトリンガー (Generaldirektor Rosenow)
Ilka Gruning イルカ・グリュニング (Seine Frau
Agnes Esterhazy アグネス・エステルハツィ (Regina Rosenow)
Tamara タマラ (Lia Leid)
Henry Stuart ヘンリー・スチュアート (Egon Stirner
Robert Garrison ロバート・ガリソン (Gamez
Einar Hanson アイナル・ハンソン (Leutnant Davy U.S.A
Morio Gusmich  (Colonel Irving U.S.A
Valeska Gert ヴァレスカ・ゲルト (Frau Greifer)
Werner Krauss ヴェルナー・クラウス (Fleischermeister)
Hertha von Walther ヘルタ・フォン・ヴァルター (Else
Otto Reinwald  (Ihr Mann
Gregory Chmara グレゴリー・クマラ (Der Kellner
解説
ヒューゴー・ベタウァー氏作の小説からウィリー・ハース氏が脚色したものG・W・パブスト氏が監督したもので「裏町の怪老窟」等出演ヴェルナー・クラウス氏、アスタ・ニールセン嬢及び新進スウェーデン女優グレタ・ガルボ嬢(現在は米国在り)が競演し、ヘンリー・スチュアート氏、グレゴリー・クマラ氏、アグネス・エステルハツィ伯爵夫人アイナル・ハンソン氏、タマラ嬢、ロバート・ガリソン氏等助演者の顔振れ素晴らしオール・スター・キャストである。無声
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大戦に敗れたドイツ・オーストリアの国々が悲惨運命試練に喘いでいた頃、小巴里と誇ったウィーンの都も今は蒼ざめていた。貧富二階級に分れてしまって、貧者窮乏まった。エゴンはロズノフの秘書で娘レジナ思い寄せていたが或夜昔の恋人リア風評の悪いホテルへ行って、帰った後リアが殺され、彼は殺人嫌疑を受ける身となった。ロズノフは奸商の策に誤られ株式変動惹起した。ルムホルトは其の犠牲となった。其のグレーテ恋人である米国士官デーヴィー別れて後は食糧品買いにも自ら赴かねばならなかった。エゴン冤罪はやがて真犯人自首晴れレジナ新しい生活を始めることが出来たグレテ危うく魔の手陥るところだったがデーヴィー中尉再会して救われた。貧し女達を弄んでいた金持ち肉屋主人或る日血みどろ死体になっていた。横道者の最期は弱い人々喜びであった。

喜びなき街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 02:40 UTC 版)

喜びなき街』(よろこびなきまち、原題:Die freudlose Gasse)は、1925年に製作・公開されたドイツの映画である。




「喜びなき街」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喜びなき街」の関連用語

喜びなき街のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



喜びなき街のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喜びなき街 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS