合物座とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 日本史辞典 > 合物座の意味・解説 

合物座 (あいものざ)

中世合物あいもの]をあつかう商人組合(座[ざ])です。合物とは、鮮魚干物中間という意味で、塩づけののことです。防府特産品塩さばでしたから、このような前になりました。

関連項目


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合物座」の関連用語

1
52% |||||

2
52% |||||

3
52% |||||

4
36% |||||

合物座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



合物座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2019,Hofu Virtual Site Museum,Japan

©2019 Weblio RSS