利巧とは? わかりやすく解説

り‐こう〔‐コウ|‐カウ〕【利口/×悧口/利巧/×悧巧】

読み方:りこう

[名・形動

頭がよいこと。賢いこと。また、そのさま。利発。「—な」「—そうな人」「—ぶる」⇔馬鹿(ばか)。

要領よく抜け目のないこと。また、そのさま。「—に立ちまわる

多くお利口」の形で子供などがおとなしく聞きわけのよいこと。また、そのさま。「お—にしている」「お—さん」

巧みにものを言うこと。口先のうまいこと。また、そのさま。

興言—は放遊境を得るの時談話虚言成し」〈著聞集一六

軽口言うこと冗談

「『またお上人様の仰せらるる』『いや—ではない。有様(ありやう)ぢゃ』」〈虎明狂・若市

[派生] りこうさ[名]


利巧

読み方:りこう

  1. 鼻ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・宮城県
  2. 鼻。〔第二類 人物風俗
  3. 鼻を云ふ。
  4. 鼻のこと。

分類 宮城県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

利巧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



利巧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS