人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなりの意味・解説 

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり

読み方:じんかんごじゅうねんげてんのうちをくらぶればゆめまぼろしのごとくなり
別表記:人間五十年下天の内をくらぶれば夢まぼろしのごとくなり

人の世50年間は天界時間比すれば夢幻のように儚いものだ、といった意味のことば。幸若舞敦盛」の一節

敦盛」におけるこの「人間五十年下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり」という詞は、しみじみと世を儚む詞として登場する。

現代における「人間にんげん)の人生50年」や「せいぜい50歳で尽き人生儚い」といった解釈は、元の意味からは離れ通俗的理解といえるまた、織田信長関連づけてこの句が引かれることは多いが、織田信長発言というわけではない。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」の関連用語

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS