ワンダとダイヤと優しい奴らとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ワンダとダイヤと優しい奴らの意味・解説 

ワンダとダイヤと優しい奴ら

原題:A Fish called Wanda
製作国:アメリカ
製作年:1988
配給:MGM/UA映画UIP配給
スタッフ
監督:Charles Crichton チャールズ・クライトン
製作:Michael Shamberg マイケル・シャンバーグ
製作総指揮:Steve Abbott スティーヴ・アボット

John Cleese ジョン・クリース
原作:John Cleese ジョン・クリース

Charles Crichton チャールズ・クライトン
脚本:John Cleese ジョン・クリース

Charles Crichton チャールズ・クライトン
撮影:Alan Hume アラン・ヒューム
音楽:John DuPrez ジョン・デュプレ
美術:Roger Murray Leach ロジャー・マレー・リーチ
編集:John Jympson ジョン・ジンプソン
字幕:戸田奈津子 トダナツコ
キャスト(役名
John Cleese ジョン・クリース (Archie Leach
Jamie Lee Curtis ジェイミー・リー・カーティス (Wanda
Kevin Kline ケヴィン・クライン (Otto
Michael Palin マイケル・ペリン (Ken
Maria Aitken マリア・エイトケン (Wendy
Tom Georgeson  (George
Patricia Hayes  (Mrs.Coady)
解説
1300ポンド宝石めぐって、ひとりのセクシー女性と、彼女を取り巻く男達騒動を描くコメディ映画エグゼクティヴ・プロデューサースティーヴ・アボット主演ジョン・クリース、製作はマイケル・シャンバーグ監督チャールズ・クライトン原作脚本クリースクライトン撮影アラン・ヒューム音楽ジョン・デュプレ担当出演はほかに、ジェイミー・リー・カーティスケヴィン・クライン88年米アカデミー賞助演男優賞)ら。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
周到準備の末、ロンドンのハットン・ガーデンズで1300ポンド宝石泥棒をやり遂げ4人組の中の、アメリカ人オットーケヴィン・クライン)とワンダジェイミー・リー・カーティス)は、兄妹というふれこ人だが本当は嘘で、愛しあう2人ダイヤ独占しようと、警察犯人ボス格のジョージ(トム・ジョージソン)であると通報、彼はすぐに逮捕されたが、秘密の金庫ダイヤはなく、2人愕然とするその頃ジョージは、留置所面会に来た弁護士アーチージョン・クリース)と裁判打ち合わせをし、その後やって来たワンダオットーに、万一の時は宝石返し、それでも駄目な場合共犯の名を告げると語るのだったダイヤのありかを求めて仲間ケンマイケル・ペリン)の家に忍び込んだオットーワンダは、ジョージダイヤ隠し金庫の鍵を、ケン熱帯魚を飼っている水槽の中の小物入れに隠すのを盗み見て、こっそりと奪い、ワンダ自分ペンダント中にしまい込むのだった。しかしそれが何の鍵か知ることのできないワンダは、アーチー事務所を訪ね、司法倫理反すると口を閉ざす彼に色仕掛けで迫るのだった。やがてアーチーワンダとなり、ワンダペースで事が進むかと思った瞬間嫉妬に狂ったオットーどこからともなく現われ、事態混乱する。おまけにオペラ見物出掛けたはずのアーチーの妻ウェンディマリア・エイトケン)が突如帰宅し、慌てアーチーは、ワンダが床に落としペンダントを妻へのプレゼントと、ウェンディ喜ばせ、場を取り繕うのだったワンダからペンダントを母の形見と聞かされたアーチーは、泥棒に入られた擬装工作の末に、それを彼女のもとに返すことに成功する。ところがふとしたことからウェンディは、夫の浮気を知り、ワンダジョージアリバイ覆す証言をしたことから大乱騒ぎと化した裁判の席で、それを確信する。妻から離婚を言い渡されたアーチは、ジョージダイヤ出し減刑するしかない告げるが、その頃ケン脅迫してダイヤ秘密を知ったオットーは、ダイヤを手に空港へ向かい、それを知ったアーチーワンダも彼を追いかける。そしていつしか本当に愛しあうようになっていた2人は、オットーからダイヤを奪い取りバカンス旅へと出かけるのだった

ワンダとダイヤと優しい奴ら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 18:59 UTC 版)

ワンダとダイヤと優しい奴ら』(A Fish Called Wanda)は1988年制作のイギリスの映画。ケヴィン・クラインがアカデミー助演男優賞を受賞した。盗まれたダイヤモンドの在り処をめぐるライト・ブラックなクライムコメディ。


  1. ^ A Fish Called Wanda”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月11日閲覧。


「ワンダとダイヤと優しい奴ら」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワンダとダイヤと優しい奴ら」の関連用語

ワンダとダイヤと優しい奴らのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワンダとダイヤと優しい奴らのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワンダとダイヤと優しい奴ら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS