ヤドリバエの1種とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > ハチ > ヤドリバエの1種の意味・解説 

ヤドリバエの1種

学名Symmorphomyia katayamai

dorsal view lateral view
frontal view
巣の中をみる

和名 名なし
学名 Symmorphomyia katayamai Mesnil & Shima, 1977
ハエ目 (Order Diptera)
ヤドリバエ科 (Family Tachinidae)
亜科 セスジハリバエ亜科 (Subfamily Tachininae)
体長 8.0-9.5mm
特徴 体色金属光沢のある青緑色。体に多数長毛を持つ。
分布 本州
関連する生物 ハラナガハムシドロバチ(Symmorphus foveolatus)やクチビロハムシドロバチ(Symmorphus decens)に労働寄生する。野外でこのハエ体内寄生されたハムシ幼虫ハチによって巣に持ち込まれたのち、ハエは巣に蓄えられた他のハムシ幼虫を食べて育つと考えられている。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤドリバエの1種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤドリバエの1種のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
© 2021 独立行政法人 森林総合研究所

©2021 GRAS Group, Inc.RSS