ミツバチ科とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ミツバチ科の意味・解説 

ミツバチ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/10 09:46 UTC 版)

ミツバチ科(ミツバチか、Apidae)は、ミツバチ上科の中で最大のであり、少なくとも5700種が属する。科にはマルハナバチミツバチなど最も一般的に見られるハナバチの仲間だけでなく、ハリナシバチ蜂蜜を採るために利用される)、クマバチ、シタバチ、コシブトハナバチ、キマダラハナバチ、ルリモンハナバチおよび他のさほど有名でない多くの種が含まれる[1][2]。多くの自然植生および農作物にとって重要な送粉者となっている[3]


  1. ^ Danforth, Bryan N.; Cardinal, Sophie; Praz, Christophe; Almeida, Eduardo A.B.; Michez, Denis (2013). “The Impact of Molecular Data on Our Understanding of Bee Phylogeny and Evolution”. Annual Review of Entomology 58 (1): 57–78. doi:10.1146/annurev-ento-120811-153633. ISSN 0066-4170. PMID 22934982. 
  2. ^ a b BugGuide.Net: the Family Apidae (of bees) . accessed 6.23.2013
  3. ^ a b [Michener, Charles D. (2007) The bees of the world. The Johns Hopkins University Press. Baltimore, Londres.]
  4. ^ [O'Toole, Christopher, Raw, Anthony (1999) Bees of the world. Cassell Illustrated. ISBN 0-8160-5712-5]
  5. ^ Gonçalves, Rodrigo B. (2005). “Higher-level bee classifications (Hymenoptera, Apoidea, Apidae sensu lato)”. Melo, Gabriel AR, And"Revista Brasileira de Zoologia 22 (1): 153–159. doi:10.1590/S0101-81752005000100017. 
  6. ^ a b c d e f Engel,M., C.Rasmussen and V.Gonzalez(2020)Bees, Phylogeny and Classification. In Encyclopedia of Social Insects.
  7. ^ a b 山根正気・幾留秀一・寺山守(1999)南西諸島産有剣ハチ・アリ類検索図説.北海道大学図書刊行会
  8. ^ a b Engel, M. S.; Alqarni, A. S.; Shebl, M. A. (2017). “Discovery of the bee tribe Tarsaliini in Arabia (Hymenoptera: Apidae), with the description of a new species”. American Museum Novitates (3877): 1–28. doi:10.1206/3877.1. hdl:2246/6703. https://www.biodiversitylibrary.org/item/262748. 


「ミツバチ科」の続きの解説一覧

「ミツバチ科」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミツバチ科」の関連用語


2
100% |||||


4
100% |||||


6
100% |||||


8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ミツバチ科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミツバチ科のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミツバチ科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS