ツァイガルニク効果とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ツァイガルニク効果の意味・解説 

ツァイガルニク効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/05 14:59 UTC 版)

ツァイガルニク効果(ツァイガルニクこうか、Zeigarnik effect)は、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。ツァイガルニック効果ゼイガルニク効果ゼイガルニック効果とも表記する。


  1. ^ セルゲイ・ルビンシュテイン著『一般心理学の基礎2』明治図書出版、1982年には、「明らかに逆のこと、つまり、やり終え、完結し、現実性を失ったことは、なによりもはやく忘れるという傾向もある」との付言がある。
  2. ^ ヴィゴツキー著『子どもの心はつくられる-ヴィゴツキー心理学講義』菅田洋一郎監訳・広瀬信雄訳、新読書社、2000年、p.46 ISBN 9784788041110


「ツァイガルニク効果」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ツァイガルニク効果」の関連用語

ツァイガルニク効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ツァイガルニク効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツァイガルニク効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS