チャコペンとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > チャコペンの意味・解説 

チャコペン

チャコール・ペンシルの略。チャコール・ペンシルは、木炭粉と粘土がこねられたものがとなった鉛筆状の描画材料で、鉛筆比べ発色のいい黒が得られます。ただ、水溶性があるものの通常の消し具で容易に消すことは難しく絵の具に近い発色なので、使用する際には慎重さが必要です。

印つけ:チャコペーパー/ルレット/チャコペン

布に印をつける時に使います。布の間にチャコペーパーをはさんでルレットで印をつける方法や、消えるインクタイプのものなど、用途に応じて合ったものを選びましょう

チャコペーパー
【チャコペーパー】

ルレット
ルレット

チャコペン
【チャコペン】

チャコペン



チャコペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/11/19 17:09 UTC 版)

チャコペン

  • 裁縫をするときに布に印を付ける道具(チャコ(tailor's chalk))のうち、ペン型のもの。⇒チャコ
  • デッサンに用いるチャコールペンシル(チャコール(charcoal)鉛筆)を短縮した呼び方。⇒木炭



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャコペン」の関連用語

チャコペンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チャコペンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2019 横浜美術学院 AllRights Reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャコペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS