クラウド会計ソフトとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > クラウド会計ソフトの意味・解説 

クラウド会計ソフト

読み方クラウドかいけいソフト
別名:クラウド型会計ソフトクラウド対応クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトとは、会計収支記録・管理)処理を補助する目的で用いられる会計ソフトのうち、クラウドコンピューティング技術導入されたもののことである。会計ソフト機能SaaSとして提供するクラウドサービスを指す場合が多い。

SaaS型のクラウド会計ソフトは、Webアプリとして端末を問わず作業できる点、ソフトウェアバージョンアップ税制更新などの変更点自動的反映される点などを利点とする。

主なクラウド会計ソフトとしては「freee」や弥生会計オンライン版「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」などを挙げることができる。

アプリケーションソフトのほかの用語一覧
会計ソフト:  大番頭  freee  会計ソフト  クラウド会計ソフト  PCA会計  弥生会計
年賀状ソフト:  筆王ZERO


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラウド会計ソフト」の関連用語

クラウド会計ソフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クラウド会計ソフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクラウド会計ソフトの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS