キックステップとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 山岳用語 > キックステップの意味・解説 

キックステップ

斜面登り下りする際の技術で、登りではつま先を、下りではかかとを面に蹴り込みフラットなステップ作りながら進む。

キックステップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/11 22:39 UTC 版)

キックステップとは雪山登山において、つま先や踵を雪に蹴りこんで足場を作ること。傾斜が緩ければ蹴りこんですぐ登れるが、何回かの蹴りこみを入れ、大きな足場を必要とする場合もある。蹴りこんだ後は、体重を垂直にかけるようにする。斜めに体重をかけるとスリップしやすいので注意する。
アイゼンをつけると滑りにくくなるが、雪が軟らかい場合、アイゼン装着でキックステップを使う場合もある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キックステップ」の関連用語

キックステップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キックステップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
山と高原地図山と高原地図
CopyrightcShobunsha Publications, Inc. All rights reserved.
山と高原地図
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキックステップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS