オイル・バンクとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > オイル・バンクの意味・解説 

オイル・バンク

読み方おいる ばんく
【英】: oil bank

水攻法などにおいて、圧入流体前面形成される油飽和率の高くなった部分をいう。
オイル・バンク形成最大因子易動度比である。水攻法場合易動度比が好まし場合易動度比<1)には、油の易動度地層水および圧入水のそれより大きいため、孔隙こうげき}内を移動する速度に差が生じ、その結果圧入水の前面に油飽和率の高い部分、すなわちオイル・バンクが形成されやすい。また、ガス圧入法ケミカル攻法場合には、ミシブル・ゾーンの前面にオイル・バンクが形成されることになるが、この場合には油と圧入流体界面張力低下することにより置換効率が高くなるため、水攻法比べ採収率が高くなるといわれている。

図 水攻法適用時の流体分布図



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オイル・バンク」の関連用語

オイル・バンクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オイル・バンクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS