アンダーグラウンドブローアウトとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 掘削用語 > アンダーグラウンドブローアウトの意味・解説 

アンダーグラウンドブローアウト Underground Blowout

  坑内キック層と逸泥層が両方存在する状態をいう。発生原因としては,高圧層の下に低圧層が存在したり,キックコントロール中に地層破壊が起きた場合考えられる。特に高圧層とバランスする泥水比重低圧層へ掘り込み逸泥起こり水頭低下することで高圧層からキック発生するケースが多い。通常の抑圧泥水ケーシング圧による背圧では制御困難であるため,対処方法としては,ガンクプラグセメントプラグバライトプラグ効果的方法と言われている。
アンダーグラウンドブローアウト
分野 ウェルコントロール
同義語  
関連用語 キックコントロール, キック, ガンクプラグ, セメントプラグ, バライトプラグ
類似語  
略語  
アンダーグラウンドブローアウト


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンダーグラウンドブローアウト」の関連用語

アンダーグラウンドブローアウトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンダーグラウンドブローアウトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2019, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会

©2019 Weblio RSS