りょうあんけいごとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > りょうあんけいごの意味・解説 

りょうあんけいご 【了庵桂悟】

桂悟

了庵桂悟

読み方:りょうあん けいご

室町後期臨済宗の僧。南禅寺二百四十一世東福寺七十一世伊勢の人。桂悟は諱、道号初め渓、のち了庵、諡号仏日禅師三条西実隆推挙で、しばしば朝廷で禅要を説いた。遺明正使として入明し、王陽明らと交流し、また阿育王山広利寺百一住持にも任じられた。『壬申入明記』の著がある。永正11年(1514)寂、90才。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「りょうあんけいご」の関連用語

りょうあんけいごのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



りょうあんけいごのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2024 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS