ぶにんとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > ぶにんの意味・解説 

ふ じん [0] 【夫人】

他人の妻を敬っていう語。奥様。 「 A 氏-」 「 -同伴
貴人の妻。 「公爵-」
〔「ぶにん」とも〕 律令制天皇後宮の一。皇后・妃に次ぎ,諸王・諸臣から出,一位から三位の位を授けられる定員三名平安期以降は,妃・嬪(ひん)の号とともに次第に用いられなくなり,中宮女御(にようご)更衣などの称が一般的になる。おおとじ

ぶ にん [0] 【夫人】

呉音
ふじん(夫人) 」に同じ。 「摩耶(まや)-」

ぶ にん [0] 【無人】

( 名 ・形動[文] ナリ
人がいないこと。人手足りないこと。また,そのさま。 「些(ちつ)来てゐて世話をして上げたいのだけれど,内も-でね/多情多恨 紅葉


ぶにん 【夫人】

夫人のことだが、仏教経典では呉音ブニンと読む。韋提希夫人摩耶夫人など。→ (各その項を見よ)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぶにん」の関連用語

ぶにんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぶにんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS