ふっこうとは?

Weblio 辞書 > 生物 > ウミガメ用語 > ふっこうの意味・解説 

ふっ‐こう〔フクカウ〕【副港】

ふくこう(副港)


ふっ‐こう〔フクカウ〕【復交】

[名](スル)途絶えていた国交回復すること。


ふっ‐こう〔フクカウ〕【復校】

[名](スル)復学」に同じ。


ふっ‐こう〔フク‐〕【復興】

[名](スル)いったん衰えたものが、再びもとの盛んな状態に返ること。また、盛んにすること。再興。「災害から復興する」「伝統工芸を復興する」


ふっ‐こう〔フクカウ〕【復航】

[名](スル)船や航空機目的地から帰るときの運航。⇔往航


ふっ‐こう〔フクカウ〕【腹稿】

《「唐書王勃伝から》文章を書くとき、まず心の中文案練り上げること。また、その案。


ふっ‐こう〔フクカウ〕【腹×腔】

ふくこう(腹腔)


腹甲(ふっこう) plastron

カメ類の腹側の甲。ウミガメ科場合それぞれ1対の前骨板、胸骨板、腹骨板、後骨板および1つの内骨板の皮骨、さらにそれを被う角質化した皮膚よりなっている。 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ふっこう」の関連用語

ふっこうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ふっこうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2020,Japan

©2020 Weblio RSS