かめだ しょうしゅんとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > かめだ しょうしゅんの意味・解説 

亀田小春

読み方:かめだ しょうしゅん

江戸中期俳人加賀金沢の人。通称宮竹伊右衛門、号は白鴎斎。薬種商営み金沢芭蕉訪れた際、その門人となった。元文5年(1740)歿、74才。

亀田小春

かめだしょうしゅん

(~元文5年(1740)2月4日

金沢門人薬種商人・宮竹亀田伊右衛門。『奥の細道』の旅で金沢通過したおりに芭蕉門に入る芭蕉自筆書簡が残る。同じ大坂薬種商人である何処同時に入門しているので、両人の間には頻繁に商売上の交流があったもよう。

小春宛書簡(元禄3年6月20日)

小春の代表作



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

かめだ しょうしゅんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かめだ しょうしゅんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.

©2019 Weblio RSS