おへるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 下北弁 > おへるの意味・解説 

おへる

下北弁 意味 用例 用例の意味・備考
おへる   教え わ、なさおへるして。 私が君に教えるから。

おへる

方言 意味
おへる 教え


おへる

読み方:おえる,おゆ

  1. 陰茎勃起す。俗語。「おへたのを帯へはさんで締めころし」「おへるかはりに女房朝うぢやけ」「十念の度に天窓おやすなり」「おへたのをつくづくと見るひとり者」「霜雪隠居睾丸ばかりおへ」「朝帰りふられた奴は湯屋でおへ」「神棚に迄おやしてる遊女町」「おへてるに扨々長い文を書き」。
  2. 陰茎勃起す。おへる。「昨日は今日の物語」に「松茸のおゆるをかくす吉田殿、わたくしものと人やいふらむ」とあり。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おへる」の関連用語

おへるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おへるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
下北弁辞典下北弁辞典
Copyright(C)2004-2020 Akemi. All rights reserved.
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2020. All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS