鈴木秀夫 鈴木秀夫の概要

鈴木秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/26 20:11 UTC 版)

鈴木 秀夫
(すずき ひでお)
人物情報
誕生 1932年
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
死没 2011年2月11日
日本の旗 日本 神奈川県横浜市
学問
研究分野 気候学
研究機関 東京大学
清泉女子大学
母校 東京大学
主な業績 前線帯による気候区分に関する研究、氷河期の気候、文明論
主な受賞歴 風土研究賞
テンプレートを表示

目次

経歴

  • 1932年神奈川県横浜市生まれ。
  • 中学生の頃から聖公会の教会に通い、洗礼を受ける[1]
  • 1955年東京大学理学部地学科地理学専攻卒業。在学中は矢澤大二の下で総観気候学を学ぶ[1]
  • 大学院に進み、ドイツ留学を経験する[1]。その後、東京都立大学理学部地理学教室助手となる[1]
  • 1963年、「Klassifikation der Klimaten in der Gegenwart und der letzten Eiszeit von Japan」により東京大学より理学博士を授与される。
  • エチオピアに赴き、ハイレセラシェ1世大学で3年間教育にあたる。この間にエチオピア標準語(アムハラ語)を学び、帰国後1969年に『エチオピア標準語辞典』、『高地民族の国エチオピア』を上梓する[1]
  • 1993年、東京大学理学部教授退官。清泉女子大学に移る(後に副学長)[1]
  • 2008年日本地理学会名誉会員。
  • 清泉女子大学教授。
  • 東京大学名誉教授。
  • 2011年2月11日、膵臓がんのため[3]横浜市西区の病院で死去。78歳没[2]

研究内容

気候学が専門であり、前線帯で気候を区分する考えを示した[4]。特に氷河期以降の気候の変動についての研究をすすめた。研究対象は気候学にとどまらず、周氷河地形研究[5][6]やアフリカ地誌研究、風土論、宗教学言語学など幅広い分野で多くの業績を残した。気候などの自然環境とそれに関連した人間生活や文明の変化についても多くの論考を著し、地理学を基礎とした文明論を展開した。一般向けの著作も多い。

著作

  • 『高地民族の国エチオピア』古今書院、1969年、153頁。
  • 『エチオピア標準語辞典』日本字研社、1969年、110頁。
  • 『エチオピア標準語入門』アジスアベバ社、1974年、76頁。
  • 『風土の構造』大明堂、1975年、161頁。ISBN 4470600032
  • 『超越者の風土』大明堂、1977年、168頁。ISBN 4470200123
  • 『氷河期の気候』古今書院、1977年、178頁。
  • 『氷河時代』講談社、1979年、189頁。ISBN 4061158147
  • 『森林の思考・砂漠の思考』NHKブックス、1980年、222頁。ISBN 4140013125
  • 『気候の変化が言葉をかえた-言語年代学によるアプローチ』NHKブックス、1990年、216頁。ISBN 4140016078
  • 『気候変化と人間-1万年の歴史』大明堂、2000年、474頁。ISBN 4470600202

受賞歴


  1. ^ a b c d e f g 中村和郎「鈴木秀夫先生のご逝去を悼む」、『地理学評論』第84巻第6号、2011年、631-632頁、ISSN 1883-4388
  2. ^ a b 鈴木秀夫氏死去 東大名誉教授 - 47NEWS(よんななニュース)
  3. ^ 訃報:鈴木秀夫さん78歳=東大名誉教授 - 毎日jp(毎日新聞)
  4. ^ 鈴木秀夫 「日本の気候区分」『地理学評論』35巻、1965年。
  5. ^ 鈴木秀夫 「北海道北部の周氷河地形」『地理学評論』33巻、1960年。
  6. ^ 鈴木秀夫 「低位周氷河現象の南限と最終氷期の気候区分」『地理学評論』35巻、1962年。


「鈴木秀夫」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鈴木秀夫に関連した本

鈴木秀夫に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鈴木秀夫」の関連用語

鈴木秀夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




鈴木秀夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木秀夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS