滴定 滴定の概要

滴定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/18 17:39 UTC 版)

滴定の模式図。ビュレットから試薬を少しずつ滴下し、当量点を求める。
滴定用具(右)。ビュレット、ビュレット台、コニカルビーカー等受け器。左図はピンチコック部拡大。2方コックとの一体型ビュレットもある。

滴定に用いられる反応には

などがある。しかし、全ての反応が滴定に用いられるのでは無く、反応に次の条件が備わっている必要がある。

  1. 反応の生成物は1通りであり、副反応が生じてはならない。
  2. 反応の平衡定数が非常に大きく、当量点において反応が完結し、未反応の被滴定物質や滴定剤が残存しない。
  3. 当量点を決定する為の指示薬や測定方法が存在する。
  4. 滴下した滴定剤は速やかに反応が進行する。

指示薬

呈色指示薬には

などがある。代表的な指示薬の名称については指示薬の一覧に詳しい。

関連項目





「滴定」の続きの解説一覧





滴定と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

滴定に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「滴定」の関連用語

滴定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

土系舗装

マナマコ

延命冠者

輸送艇「1号」型

ニセコ積丹小樽海岸国定公園

直4

80式空対艦誘導弾

民猪





滴定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの滴定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS