edemaとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > edemaの意味・解説 

浮腫

【仮名】ふしゅ
原文】edema

組織中に液体過剰蓄積することで起こる腫れ

浮腫(Edema / Oedema)

組織がたまって起こる、いわゆる水脹れ症状様々な原因によって起こりうる心不全腎不全等が代表的な浮腫。

浮腫

【英】:Edema

局所的または全身的に皮下組織組織間隙組織液増加貯留している状態。
マウスラットウサギイヌサル  部位程度サイズ

水腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/24 09:16 UTC 版)

(edema から転送)

水腫(すいしゅ、: edema)は、動脈側毛細血管からの濾出と静脈側毛細血管の再吸収およびリンパ管からの排出の動的平衡が崩れることにより細胞間隙や体腔に余剰な水分が貯留する現象。皮下組織に貯留したものを浮腫、体腔内に貯留したものを胸水腹水、心嚢内にたまると心嚢水などと呼ばれる。熱感を伴わない浮腫を冷性浮腫と呼ぶ。毛細血管静水圧の上昇、血漿膠質浸透圧の低下、組織静水圧の低下、組織膠質浸透圧の上昇、毛細血管透過性の亢進、リンパ管還流障害などが発生原因となる。

症状

顔が青白く四肢末梢が膨らみ、呼吸はゼーゼーと細かい気泡音を呈して少し運動しただけで呼吸困難に陥る。

現代における認識

うっ血性心不全腎不全が第一の原因として挙げられる。どちらも放置すればもう一方の疾患を惹起するものであり、近代的な臨床検査なくしてはそのどちらが原因であるかを同定することは出来ず、その治療も出来ない。さらに、それらをもたらしうる疾患としてネフローゼ症候群肝硬変などの全身性、打撲などの局所性、心不全、炎症性水腫などのその他水腫に分けられる。

さまざまな内臓疾患のシグナルともなっているので、ただの一時的なむくみだと放置しないで一度診察を受けてみることが望ましい。

治療としてナトリウムの制限、水の制限、利尿剤の投与がある。

関連項目

参考文献

  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学総論 第2版』 文永堂出版 2001年 ISBN 4830031832

外部リンク


浮腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/25 20:28 UTC 版)

(edema から転送)

浮腫(ふしゅ)とは、顔や手足などの末端が体内の水分により痛みを伴わない形で腫れる症候浮腫み(むくみ)ともいう。

病態

細胞組織の液体(細胞間質液)と血液の圧力バランスが崩れ、細胞組織に水分が溜まって腫れる。浮腫発症のメカニズムとしては浸透圧の低下、血圧上昇(静脈。リンパのうっ滞あるいは閉塞)、血管透過性亢進などがあげられる。

甲状腺機能低下症に伴う粘液水腫は、アルブミンムコ多糖類の結合物が間質に貯留した状態で、水分の貯留による浮腫とは異なる。現在でも歴史的経緯から、圧痕を残さない浮腫 non-pitting edema と呼ばれる。

分類

範囲による分類: 浮腫が起こっている場所によって全身性浮腫と局所性浮腫に分けられる。
性質による分類: pitting edema と non-pitting edema に分けられる。浮腫のある部分を押さえつけた後に放置しても圧痕を残すものをpitting edema, 圧痕が残らず弾性を持つものをnon-pitting edema と呼ぶ。

アプローチ

まず第一に全身性浮腫か局所性浮腫かどうかの判断を行う。全身性浮腫の初期段階は局所性浮腫のようにみえることもあるため注意が必要である。全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(NSAIDSやステロイド薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。唇や眼瞼が腫れる血管浮腫とは真皮のアレルギー反応であり、表皮のアレルギー反応である蕁麻疹と対比されることが多く、治療も共通である。全身性浮腫の場合は原則としては重力にしたがって下から上の順に発症する。立位をとっている場合は、足の甲からはじまり、脛骨前面、大腿、下腹部(腹水)、胸部(胸水)、顔面という順に進行する。全身性浮腫の頻度としては心不全、腎不全、肝硬変などが多い。non pitting edemaの場合は甲状腺機能低下症による全身性浮腫の可能性が高く、頸静脈の怒脹やBNP高値を認める場合は心不全の可能性が高い。全身性浮腫の可能性が低いと判断したら局所性浮腫を疑う。局所性浮腫には閉塞性と非閉塞性の原因がある。閉塞性には深部静脈血栓症やリンパ管浮腫、腫瘍や動脈瘤や後腹膜線維症などによる圧迫などでおこる。非閉塞性の原因には蜂窩織炎、痛風、偽痛風などがあげられる。

治療

緊急性がなければ治療は不要である。原因疾患の治療のほうが重要である。浮腫自体の対症療法としてはナトリウムの制限、水の制限、利尿剤の投与がある。検査の結果疾患が見当たらなければ、室内での階段の上り下りやつま先立ちなど、筋肉を鍛えることで改善する場合もある。

脚注

  1. ^ Gleich GJ, et al: episodic angioedema associated with eosinophilia. N Engl J Med 310: 1621-1626, 1984
  2. ^ 岡田 定: 好酸球性血管性浮腫. JIM 11(4): 338-340, 2001

参考文献

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

edemaに関連した本

edemaに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「edema」の関連用語

edemaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ポートアカラ

吉川美香

足の関節

探偵春秋

YS-11

パッチワークボード

ワンウオッシュ

エングレービング





edemaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2015 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2015 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水腫 (改訂履歴)、浮腫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS