遠野和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 遠野和紙の意味・解説 

遠野和紙(とおのわし)

所在地 福島県いわき市遠野町
【主製品】 障子紙
遠野和紙 遠野の紙の歴史永禄年間(1558~1569)にさかのぼり棚倉藩奨励により江戸武家記録用紙として重宝されました。大福帳用紙の延紙(のべがみ)も著名で、古川古松軒の『東遊雑記』は上遠野紙業繁栄を記しています。

明治 20年頃には約600戸が生産していたといいます。現在は1軒となり、冬期間だけ漉いています。11月末より黒皮白皮づくりを行ない2月1日頃より漉き始めます。コウゾミツマタだけを伝統的製法で漉いています。

遠野紙(2尺×3尺)はコウゾ100%寒漉未晒し紙です。コウゾ白皮処理し、ソーダ灰煮、手打ち手漉き天日乾燥という古来製法仕上げる紙は、優雅光沢をもつ丈夫なものになります。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「遠野和紙」の関連用語

1
2% |||||

遠野和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

周桑和紙

高松和紙

伊勢和紙

富貴紙

越中和紙

吉野和紙

伊予和紙

近江和紙





遠野和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS