砕土器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 砕土 > 砕土器の意味・解説 

砕土器 (さいどき)

砕土器 地方名は、くれうちくれわり、くれたたきなどとも呼ばれ、主に水田裏作麦の播種前の表土砕土や、畑麦の播種後の鎮圧に、明治時代から昭和20年代前半まで使用された。手作りができ、重量軽いので、主に婦女子子供使用された。ゲートボールクラブと全く同形で、円筒状の堅木に把柄をつけ、乾燥土塊打ち砕くもので、柄の長さ92cm、要部の幅28cm、重さ1.27kgである。





砕土器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「砕土器」の関連用語

砕土器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

つるはし

なた

輪転式麦土入機

舟

もみならし

火鉢

ぞうり編機

馬そり





砕土器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS