無水エタノールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > エタノール > 無水エタノールの意味・解説 

エタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/17 08:53 UTC 版)

(無水エタノール から転送)

エタノール(ethanol)は示性式 C2H5OH、又は、CH3CH2OH で表されるアルコールの一つ。別名として、エチルアルコール(ethyl alcohol)や、酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。揮発性が強く、殺菌消毒のほか、燃料としても用いられる。




  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ かつては、ベンゼンが用いられていたが、発がん性、毒性のため、近年ではペンタンが用いられている。例えば、[1]参照。
  3. ^ 総務省のウェブサイトにある資料 - アルコール専売事業(2001年に廃止)の仕組みをあらわしたもの(2010年12月01日閲覧)。
  4. ^ 変性アルコールの例(2010年11月29日閲覧)。平成12年12月26日付け厚生省の通達であるが、文書の末尾にアルコール専売法施行規則別表「工業用アルコール変性標準」の抜粋がある。
  5. ^ “消火訓練で10人やけど 滋賀、アルコールが飛散”. 日経新聞. (2013年8月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0400X_U3A800C1CC1000/ 
  6. ^ “エタノールの「見えない炎」、消火訓練準備で10人やけど”. TBS. (2013年8月5日). http://news.tbs.co.jp/20130805/newseye/tbs_newseye5401821.html 
  7. ^ [2]
  8. ^ 酒税法第二条
  9. ^ 同第七条、第九条
  10. ^ 同第六条
  11. ^ 同第三条
  12. ^ 同第二十三条
  13. ^ アルコール専売法十九条
  14. ^ 同第二十六条
  15. ^ 使用例:三協化学株式会社のウェブサイト(2010年11月29日閲覧)
  16. ^ 使用例:平成12年12月26日付け厚生省の通達(2010年11月29日閲覧)
  17. ^ 使用例:日本アルコール販売のウェブサイト(2010年11月29日閲覧)
  18. ^ アルコール事業法第三条、第十六条、第二十一条、第二十六条。
  19. ^ 同第二条
  20. ^ 旧食品衛生法第二条第三項
  21. ^ 食品衛生法第十条。食品衛生法施工規則第十二条別表第一(使用を認められている添加物の一覧表)も参照。


「エタノール」の続きの解説一覧





無水エタノールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

無水エタノールに関連した本

無水エタノールに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「無水エタノール」の関連用語

無水エタノールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ワンダー

アローコクワガタ

土系舗装

アルベロベッロ

円筒研削

ダート

小鴨川第二号堰堤

ボルボS40





無水エタノールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエタノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS