烏山和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 烏山和紙の意味・解説 

烏山和紙(からすやまわし)

所在地 栃木県那須烏山市   
【主製品】 賞状用紙版画用紙民芸
烏山和紙
烏山和紙会館
下野の紙の起源は、一説によると飛鳥時代後半帰化人により伝えられたとされています。宝亀5年774)に正倉院奉納された写経料紙1万5千張のうちの 4千張が下野産であるという記録あります鎌倉時代には那須奉書漉き出され、全国那須紙として知られるようになりました。

烏山和紙を代表する程村紙ほどむらし)が、明治34年西ノ内紙と共に選挙用紙指定されたのを受け、38年栃木県茨城県製紙改良組合組織されました。当時記録によると、組合員 934、販売業者28原料25原料生産高94,244貫、組合としての売り上げ205,050円となっています。
烏山和紙が1200年前から伝承されてきたのは、那須連邦から下る那珂川清流恵まれた、自然のたまものです。

烏山代表的程村紙は国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財指定されています。その特徴は「紙肌の緻密なこと、漂白ていないこと、コウゾ以外の不純物が入っていないこと、特有の雅美を有すること、西ノ内紙より厚手であること」などがあげられますが、最大特徴はナスコウゾを使うことで、折り目の切れにくさは有名です。
烏山和紙 烏山和紙




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「烏山和紙」の関連用語

烏山和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

石州和紙

伊勢和紙

近江和紙

近江和紙

ちくさ雁皮紙

横野和紙

高松和紙

高松和紙





烏山和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS