西ノ内紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 西ノ内紙の意味・解説 

にし の うちがみ [5] 【西の内紙】

和紙の一。コウゾで漉(す)いたやや厚手のもの。茨城県常陸大宮市西野内で産した。傘紙版画用紙などに用いられ,明治時代投票用紙指定され知られた。

西ノ内紙(にしのうちし)

所在地 茨城県那珂郡山方町
【主製品】 楮紙西ノ内
常陸紙漉き歴史古く天平宝字2年758淳仁天皇の代に行なわれた「千巻並びに金剛般若経」の写経に用いられています。平安時代後期から約 400年間、常陸北部勢いを振るった豪族佐竹氏は、山間地帯多く紙漉き場をもち、佐竹大方紙(たいほうし)や佐竹杉原紙漉き出していました。また、文禄 4年(1595)の『小物成目録』に、コウゾ、紙を徴税対象としていたことが記されています。

その後、西ノ内紙は水戸藩奨励によって大い伸展し、水戸藩経済支える最も重要な生産活動でした。寛政2年(1790)の記録によると、水戸藩が藩外に売り出し農産物総額 99千両余に対し、諸紙類は31千両とあり、31.8%を占めていたことになります。
西ノ内紙
西ノ内紙
和紙でつくったYシャツ
しかし、幕末より水戸藩争乱影響生産不振となり、明治に入ると西洋紙導入により需要減少し、宝永年間 1,663戸あった紙漉き農家明治31年には881戸に半減しました。

明治34年内務省令第29号によって西ノ内紙は総選挙時の投票用紙指定され、全国的再認識されることになりました。昭和 16年太平洋戦争起こり軍事用として落下傘紙、気球原紙に用いられた和紙需要がさらに多くなり、コウゾミツマタ植え付け奨励され、和紙製造盛んになりました。

戦後は、戦災復興と共に洋紙生産上昇し、昭和 20年前後にできた和紙工場はほとんど閉鎖され、紙漉き農家廃業至りました。 現在手漉き和紙生産を行なっているのは、山方町の3戸となり、わずかな人々によって伝統が保たれている状態です。
西ノ内紙は、ナスコウゾの繊維だけで漉かれていて、他のミツマタガンピなどを混入しないところに特色あります。やや黄褐色ですが、使っては強靭もつかず、保存するのに適した紙と評価され、江戸時代商家ではこの西ノ内紙を用いて大福帳をつくるのが通例とされていました。また、水戸藩の大事業大日本史編纂にあたっても。料紙として西ノ内紙が用いられています。

近年は、新し感覚での研究進んで、純楮紙コンニャク糊を加えるなど、古い伝統新し技法取り入れ、さらに軽く強靭な、また防水性にも優れた和紙生産されています。
西ノ内紙

西ノ内紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/25 01:38 UTC 版)

西ノ内紙(にしのうちし)は茨城県常陸大宮市の旧・山方町域で生産される和紙である。コウゾのみを原料として漉かれ、ミツマタガンピなどが用いられないことに特徴がある。江戸時代には水戸藩第一の特産物となり、各方面で幅広く使われた[1]。強靱で保存性に優れたその性質から、江戸では商人の大福帳として用いられた[1]


  1. ^ a b c d e f g h i 『常陽藝文1987/2月号』、1-10頁。
  2. ^ 『西ノ内紙』、97頁。
  3. ^ a b c 『西ノ内紙』、1-2頁。
  4. ^ a b c d e 『西ノ内紙』、3頁。
  5. ^ a b c d e 『常陸の歴史』、225-227頁。
  6. ^ 『ふるさと・川紀行 久慈川・那珂川見聞録(I)』、21-24頁。
  7. ^ a b 『山方町誌 上巻』、189頁。
  8. ^ a b 『山方町誌 上巻』、183頁。
  9. ^ 『山方町誌 上巻』、184頁。
  10. ^ 『西ノ内紙』、9頁。
  11. ^ 『山方町誌 上巻』、183-184頁。
  12. ^ a b c 『山方町誌 上巻』、196頁。
  13. ^ 『山方町誌 上巻』、197頁。
  14. ^ a b 『山方町誌 上巻』、201頁。
  15. ^ 『山方町誌 上巻』、203頁。
  16. ^ 『山方町誌 上巻』、204-205頁。
  17. ^ 『山方町誌 上巻』、205頁。
  18. ^ 『山方町誌 上巻』、198頁。
  19. ^ 『山方町誌 上巻』、206-207頁。
  20. ^ 『山方町誌 上巻』、207頁。
  21. ^ a b 『山方町誌 上巻』、208頁。
  22. ^ 『山方町誌 上巻』、208-209頁。
  23. ^ 『山方町誌 上巻』、209-212頁。
  24. ^ 『山方町誌 上巻』、212頁。
  25. ^ a b 『山方町誌 上巻』、219頁。
  26. ^ 『山方町誌 上巻』、220頁。
  27. ^ a b 『西ノ内紙』、75頁。
  28. ^ a b c 『茨城の科学史』、154-155頁。
  29. ^ a b 『西ノ内紙』、73-74頁。
  30. ^ 『西ノ内紙』、76頁。
  31. ^ 『西ノ内紙』、77頁。
  32. ^ 『西ノ内紙』、79-81頁。
  33. ^ a b 『西ノ内紙』、81頁。
  34. ^ a b 『西ノ内紙』、84-85頁。
  35. ^ a b 『西ノ内紙』、85頁。
  36. ^ 『西ノ内紙』、88頁。
  37. ^ 『西ノ内紙』、90頁。
  38. ^ 『西ノ内紙』、94頁。
  39. ^ 『西ノ内紙』、96頁。
  40. ^ 『西ノ内紙』、102頁。


「西ノ内紙」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

西ノ内紙に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西ノ内紙」の関連用語

西ノ内紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西ノ内紙

ちくさ雁皮紙

拝宮和紙

富貴紙

八女和紙

横野和紙

深野和紙

ちくさ雁皮紙





西ノ内紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西ノ内紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS