改正労働契約法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > 改正労働契約法の意味・解説 

改正労働契約法

「改正労働契約法」とは、平成24年8月10日公布され、同25年4月1日から施行された「労働契約法一部改正する法律」のことです。本改正法では、あらかじめ働く期間に定め設け有期労働契約適正な利用を促し、有期雇用で働く人を保護するためのルール新しく整備しました。有期労働契約更新がくり返され、通算5年を超えた場合は、労働者申込みをうけて期間の定めのない無期労働契約転換できる「5年ルール」などが改正となっています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「改正労働契約法」の関連用語

改正労働契約法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コイボウミウシ

元旦

FOMA SO905i

ラーメンスタジアム

クロシェ

サイフォン

デブリーフィング

John Quincy Adams





改正労働契約法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS