寛平御遺誡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 遺誡 > 寛平御遺誡の意味・解説 

かんぴょうごゆいかい くわんぴやう- 【寛平御遺誡】

教訓書。一巻宇多天皇897年譲位際し幼少醍醐天皇のために天皇としての心構え書きしたもの寛平遺誡(いかい)

寛平御遺誡

主名称: 寛平御遺誡
指定番号 2471
枝番 00
指定年月日 1992.06.22(平成4.06.22)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 寛元三年四月十一日日光国書写校合奥書
員数 1巻
時代区分 鎌倉
年代 1245
検索年代
解説文:  『寛平御遺誡』は、寛平九年(八九七)に宇多天皇幼少醍醐天皇譲位するにあたり天皇としての心得書き与え訓戒書である。内容日常所作任官叙位公事儀式等のことから藤原時平菅原道真具体的な廷臣人物評に及んでいる。個人的訓戒書であるが、『源氏物語』『政事要略』などの諸書引用され、のちには天皇必見の書、摂関蔵人も常に参照すべき書とされた。現在、全文は伝わらず、その逸文諸書にみえている。
 本巻は、その鎌倉時代遡る唯一のまとまった古写本として著名なのである体裁巻子装だが、料紙には半十行袋綴用に淡墨界を施し楮紙転用している。本文一紙四行一行二〇~二二字前後端麗な筆致をもって書写している。内容は、首を欠き「供朝膳、申時」(「巳時供朝膳、申時供夕膳」という食事時刻に関する条の一部)から巻末跋文まで、およそ十九条分を存し、巻末には左の奥書がある。
「本云
 承安二年十一月七日納言殿御本書取了、
 日向守定長
 寛元三年四月十一日加校了、以中宮権大進俊兼本書写之、
 春宮権大進光国
 この奥書によって、本巻寛元三年一二四五)に日野光国一二〇六-七〇)が中宮権大進藤原俊兼本により書写校合したもので、その俊兼本は承安二年(一一七二)に日向藤原定長納言殿(未詳藤原資長か)の本を書写したものであることが判明する。
 『寛平御遺誡』は天皇訓戒書として最古のもので、群書類従などに収められて流布しているが、その現存諸本はすべて、この日野光国書写本の系統本である。本巻諸本祖本にあたり平安時代政治文化史上に貴重な史料である。

寛平御遺誡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/23 17:01 UTC 版)

寛平御遺誡(かんぴょうのごゆいかい)とは、寛平9年7月3日897年8月4日)に宇多天皇醍醐天皇への譲位に際して当時13歳の新帝に与えた書置。


  1. ^ 坂上康俊『律令国家の転換と「日本」 日本の歴史05』、131-132p (講談社学術文庫、2009年) ISBN 978-4062919050


「寛平御遺誡」の続きの解説一覧





寛平御遺誡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「寛平御遺誡」の関連用語


2
50% |||||

3
50% |||||

4
36% |||||

5
32% |||||

6
32% |||||

7
30% |||||

8
16% |||||

9
16% |||||

10
16% |||||

寛平御遺誡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サナレラ

固体電解質型燃料電池

久慈川

docomo STYLE series P-06A

チシマザサ

ブレイド

多良岳水源の森

ジョグZII





寛平御遺誡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寛平御遺誡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS