伏龍祠とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 伏龍祠の意味・解説 

伏龍祠

読み方ふくりゅうし

伊香立南庄町集落西南方の田の中にたつ。江戸時代文化元年1804)、地元農民化石を掘り出した。当時は龍の骨だと信じられたが、明治になってから、実は今から約40万年前のトウヨウ象の下顎骨化石判明化石発見の場所を記念して、この祠がたてられた。

交通アクセス

JR堅田駅から江若バス生津行ほか南庄下車徒歩15

伏龍祠





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

伏龍祠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

毛知比神社

地主神社

琵琶湖大橋

榿木原遺跡

旧逢坂山トンネル

酒井神社と両社神社

東照宮

オランダ堰堤





伏龍祠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2017 Weblio RSS