保良宮跡とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 保良宮跡の意味・解説 

保良宮跡(へそ石)

読み方ほらのみやあと

保良宮奈良時代淳仁天皇じゅんにんてんのう)が中国・唐の慣習にならい平城京とは別に設けた都(陪都・ばいと)。保良宮未完成のまま廃止され、跡地不明のままだが、国分二丁目には保良の地名伝える洞神社旧跡があり、また国分団地内には宮殿礎石伝え通称へそ石が残る。

交通アクセス

JR石山駅から京阪バス国分団地終点下車すぐ






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「保良宮跡」の関連用語

1
36% |||||

2
18% |||||

3
14% |||||

保良宮跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

瀬田唐橋

小野道風神社

小舟入の常夜燈

宇佐山城跡

伊豆神社

水のめぐみ館

富川の磨崖仏

縁心寺





保良宮跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2018 Weblio RSS