ヒメカツオブシムシとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > 貯穀害虫 > ヒメカツオブシムシの意味・解説 

ヒメカツオブシムシ(成虫)

ヒメカツオブシムシ Attagenus japonicus REITTER

ヒメカツオブシムシ(成虫

形態
 成虫体長3.5~5.5mmで、黒色で、楕円形の甲虫幼虫赤褐色で、芋虫状で後方細くなり、全体赤褐色の毛で覆われている。尾端からは長い毛の束が出ている。成熟すると体長8~9mm達する。体長約6mmで、黄色
分布
 世界各地分布し、日本でも全国分布する。
被害
 幼虫が、絹織物毛織物羽毛皮革などの衣料繊維加害する。ナイロンなどの化学繊維や綿なども、汗や食品などで汚染された箇所食害する。そのほか繭、絹織物動物剥製標本乾物などの乾燥食品ペットフードなども食害する。食品混入異物となることもある。
生態
 成虫は、通常は年に1回、条件によっては2年に1回の発生になり、4月下旬5月頃に羽化出現する。幼虫期間が非常に長く越冬幼虫で行う。野外ではスズメハトなどの鳥の巣から発生している。
 幼虫羊毛や絹などの衣類食害するが、剥製標本乾燥食品からも発生する。外発育経過は、卵期は温度影響され、1030日幼虫期は通常は約300日であるが、600日以上を要することもある。成熟した幼虫は6~12ヶ月間も絶食に絶えられる。幼虫の齢数は通常は6~8齢であるが、5~10齢まで変異が多い。期も温度影響され、7~19日。
 成虫羽化後7~10日殻の中に留まり脱出後約10日交尾して、その4~7日後に全保有卵の約80%を産卵する。光を嫌っていた成虫は、羽化週間後から、光に向かうように変化し、晴天温暖な日には野外を活発に飛翔し、デイジーマーガレットなどのキク科の花に集まって蜜を吸う。 さらにその後、再び屋内侵入して残った卵を産む成虫寿命は約1ヶ月で、その間に20100個の卵を産む安富梅谷、1983)。衣類などに数粒~数10粒ずつ産み付ける

ヒメカツオブシムシ

和名: ヒメカツオブシムシカツオブシムシ科
英名: black carpet beetle
学名: Attagenus unicolor japonicusReitter [Dermestidae
ヒメカツオブシムシ
ヒメカツオブシムシの成虫
ヒメカツオブシムシ
ヒメカツオブシムシの幼虫
分布 日本
形態 幼虫茶褐色長毛密生する。成虫背面黒褐色で、斑紋はない。体長3.5-5mm。
加害する食品 乾燥食品
加害形態 成虫幼虫ともに製粉飼料工場等で発見されることが多い。幼虫乾燥耐性著しく強い。また幼虫はかじる力が強く、しばしば包装内に穿入する。
防除方法 工場倉庫清掃をよくし、こぼれた食品そのまま放置しない。
その他  

姫鰹節虫

読み方:ヒメカツオブシムシ(himekatsuobushimushi)

カツオブシムシ科昆虫

学名 Attagenus unicolor






ヒメカツオブシムシと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒメカツオブシムシ」の関連用語

ヒメカツオブシムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ヒメカツオブシムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2014 IKARI CORPORATION All rights reserved.
食品総合研究所食品総合研究所
Copyright (C) 2014 National Food Research Institute All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2014 Weblio RSS