クリンキパインとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > クリンキパインの意味・解説 

クリンキパイン


パインという名前が付いていて誤解しやすいですが、科名からもわかるように、まったく違った樹種です。パイン針葉樹というようなつもりで、付けのでしょうパプアニューギニアの少し高い地域分布しています。山の尾根にたっているこの木をみると、パイン呼びたくなるような姿をしています。熱帯広葉樹比較して、肌目が精で、加工しやすいので、この木材存在気付いた人達が、これを使おうと考えたのも無理からぬことでしょう。たちまち、地域での有用な木材となり、同国外貨獲得のために輸出用木材の花形になっています。この木の重要性人々気付いて、造林をするようになり、現在では、広い造林地が作られています。

木材
心材辺材の色の違いはあまりはっきりしていません。前者灰褐色ですが、薄く桃色紫色などを帯びており、部分的に色が不均一なことが多いです。辺材淡褐色ないしは淡黄褐色を帯びています。同じ科のアガチス木材とよく似ていますが、板目面をみると、この木材には小さい節がでてくることが多いので、区別できます年輪はほとんど認められません。肌目は精で、木理一般に通直です。軽軟で、気乾比重は0.39~0.45です。

用途
産地パプアニューギニアでは重要な合板用材で、製品輸出されています。丸太の形で、日本輸入されることは先ずないですが、かつて、ベニアを剥いて残った材から作った割り箸輸入されていましたが、いまはどうでしょうか





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

クリンキパインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マラス

オウシュウアカマツ

アピトン

ベニマツ

オルダー

アゾベ

スパニッシュシーダー

ビーチ





クリンキパインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2017 All Rights Reserved, Copyright

©2017 Weblio RSS