ゲロンガンとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ゲロンガンの意味・解説 

ゲロンガン


熱帯アジアビルママラヤスマトラボルネオなどにわたって分布しています。この名前は、あまり、知られていませんが、赤色系のメランチがあるようなボルネオ地域では、しばしば、この木材は、色が似ているために、レッドメランチのなかに混入され、出荷されていたことがありました。そういう意味では、日本、特に合板工業には縁があるといえるでしょう

木材
心材辺材の色の差ははっきりとしています。心材は淡桃色赤褐色褐色などで、金色光沢をもっています。辺材淡黄白色です。肌目は粗で、木理交錯しています。木材一般に軽軟で、気乾比重は0.43~0.61です。欠点少な木材ですが、丸太伐採したままで、放置しておくと、大きく裂けることがありますので、伐採後、製材早くやったほうがよいといわれています。耐朽性の低い木材ですが、防腐剤注入は非常にやりやすいです。加工しやすい木材で、ロータリー切削もしやすく、合板用材として使われる利点といえます。

用途
強さ耐久性がとくに必要でないよう用途で、メランチなどと同じようにして使われます。合板用材製材品などになります。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ゲロンガンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メルクシマツ

ケンパス

マホガニー

タウン

スプルース

アフリカンマホガニー

ゲロンガン

レッドオーク





ゲロンガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2017 All Rights Reserved, Copyright

©2017 Weblio RSS