カリビアマツとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > カリビアマツの意味・解説 

カリビアマツ


カリビアマツは、カリビア海に面する地域天然分布しています。私どもにとっては、天然のカリビアマツよりも、造林されているものの方が馴染みが深いようですというのも、このカリビアマツは、熱帯地域での針葉樹造林樹種としては、もっとも代表的なもので、熱帯アジア太平洋地域その他に広く植えられています。とくに、フィジー国にある造林地は広く、3ha1980年当時)に及び、その後増加しています。生長良い場合、15.6年生で、直径は30cmになります。大部分のカリビアマツは、パルプ原料目標として植えられているため、用材として利用ようとすると、生長が早過ぎて、材質的には劣るとされています。

木材
辺材にはやにが吹き出ているものが多く、その色は、ほとんど白色ないし黄白色です。造林地からのカリビアマツは生長良いため、20年生位になっても心材出来てきません。気乾比重15年生の造林地からのものでは0.41~0.67、25年生のそれでは平均0.65とされています。針葉樹木材としては重硬な部類に入るでしょう熱帯地域では、針葉樹材が少ないため、色々な用途に使われます。しかし、製材してものには、狂いやねじれが多く出ることとやにが出るので、日本のような処では、今の処、用材としてはあまり好まれないようです。日本マツ類などと同様に、青変の害を受け易いので、伐採後それを防ぐ工夫が必要です。

用途
日本マツ類が使われるような用途に用いられますが、むしろ、薬剤処理をして丸太のまま使うことの方が今のところ適しているようですパルプ、箱、建築などに用いられます。


スラッシュマツ

(カリビアマツ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/27 07:53 UTC 版)

スラッシュマツ(スラッシュ松、学名: Pinus elliottii)とは、マツ科マツ属の常緑高木。カリビアマツとも呼ばれる。




「スラッシュマツ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カリビアマツ」の関連用語

カリビアマツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

イエローメランチ

ラブラ

アフリカンマホガニー

ジャラ

メンゲリス

シルバーメイプル

ローズウッド

タイヒ





カリビアマツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2017 All Rights Reserved, Copyright
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスラッシュマツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS