ウォークラリーとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ウォークラリーの意味・解説 

ウォークラリー

歴史と沿革

ウォークラリーは歩く楽しさをもとに、町の文化や自然を発見できる野外プログラムです。競争と言っても速さは競わないので、じっくりゆっくり探険を楽しめます。健康志向アウトドア志向の高まりにともない健康的なコミュニケーションイベントとして全国に拡がっています。

独特のコース図をもとにグループで町を探険しますが、コース図を見ただけではどこがゴールかわからず、図をたどって歩いていくうちに思いがけない所に出てくるという意外性もこのプログラム魅力です。勝敗のみを競うスポーツでなく、歩くことを通して健康づくりグループコミュニケーションを図ることを目的として行われています。

ウォークラリーの始まり1974年当時静岡県三ヶ日青年の家指導主事だった渡辺佳洋氏がオリエンテーリングカーレースヒント得て考案その後、(財)日本レクリエーション協会がレクリエーション・プログラムのひとつとして全国的普及取り組みました。

1984年5月20日には全国47都道府県一斉にスタートする「第1回全国一斉ウォークラリー大会」を開催。これが起爆剤となり、全国に広がっていきました。同大会はその後、第20回まで継続しました。

都道府県レクリエーション協会でも、独自のコース設定コース図を作成し、ウォークラリーを随時開催しています。また、毎年開催されている全国レクリエーション大会においても、ウォークラリー大会は必ず行われています。(2008年度:岩手県実施済み2009年度は長崎県2010年度は静岡県開催予定)。

さらに、日本在住外国人日本人チーム組み一緒に町を探険する「国際ウォークラリー」や、日本人オーストラリアニュージーランドなど外国に出かけ、地元市民チームを組んで当地を歩く「海外渡航型ウォークラリー」など、さまざまな形で展開されています。


競技方法

1チーム4~6人で、コース図をもとに進みながら、ゴール目指し、「時間得点」と「課題得点」の合計点で順位決まります。

時間得点」はあらかじめ決められた規定時間実際にゴールしたタイムとの差異、「課題得点」はコース途中設けられたチェックポイント(CP表示)や、定められたエリア内をじっくりと観察ゴール直前関連問題が出される観察ゾーン正解率によって算出されます。ただし、時間得点はゆとりを持って定められており、急いで歩いたり、走ったりする必要はありません。

課題は町に残る寺社遺跡などの歴史や自然、あるいは地場産業などをテーマにすることが多く、町の魅力を楽しみながら探険できる地域文化や自然の再発見プログラムでもありますまた、チーム内での協力不可欠で、家族仲間友人などとの絆を一層強めることにもつながります。


ルール

規定時間隠しタイムとするのが一般的です。

課題コース図に指定された場所に行かなければ答えられないものが多く参加者知恵推理力が試されるのも楽しみのひとつです。


道具・コース

コースの距離は2~3km程度の手軽な設定(ファミリーコースなど)から、10kmといったかなりハードなもの(健脚コースなど)まで、主催者のねらいによってさまざまに設定されます。

コース図には交差点分岐点での道の選び方しか書かれていません。また、地図のように必ずしも上が北とは限らず、距離の表示もありません。コース図はコマ図と呼ばれることもあります下記コース図の一例です。

資料提供: 千葉県白子町青少年相談員応援ページ



ウォークラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/22 09:49 UTC 版)

ウォークラリーとは、野外で開催され、グループ単位で参加するレクリエーションゲームである。




「ウォークラリー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ウォークラリーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウォークラリー」の関連用語

ウォークラリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セーリング

キックベースボール

釣り

トリットボール

ラケットボール

ラケットボール

健美操

馬術





ウォークラリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウォークラリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS