ねじ締付け管理方法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ねじ締付け管理方法の意味・解説 

ねじ締付け管理方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/21 14:09 UTC 版)

ねじ締付け管理方法(ねじしめつけかんりほうほう)は、ねじの軸力管理法。 ねじ締結時に重要となるのは軸力(ねじの軸方向にかかる力)である。軸力が弱いと振動に因る緩みの原因になり、強すぎると被締結部材の破壊を引き起こしたりねじが塑性伸びを起こし緩みの原因ともなる。そのため、製造業ではねじの軸力管理は非常に重要な問題である一方、軸力を直接把握するのは困難で、締付けトルクのような代用特性を利用している。


  1. ^ 締付け係数Qとは、同条件でねじを締めた時の軸力の最大値 (F_{max} )と最小値(F_{min} )の比のこと。
    Q=F_{max}/F_{min} で表され軸力ばらつきを示す指標である。
  2. ^ a b c d ここに記載した締付け係数の値はJIS B 1083に拠るものである。しかしJISでは、各締付け法には影響を与える固有の因子が存在し、その状態如何で締付け係数は大きく変化するため、数字はあくまで目安に過ぎないとしている。
  3. ^ a b c (酒井智次 2003)参照
  4. ^ 締付けトルクの平均値をT_mとすると、最大値T_{max}、最小値T_{min}はトルクばらつきaによりそれぞれ T_{max}=T_m+aT_m
    T_{min}=T_m-aT_mと表すことが出来る( a=\tfrac{T_{max}-T_{min}}{2T_m} )。
    同様に摩擦係数の平均値を\mu_mとすると摩擦係数の最大値\mu_{max}、最小値\mu_{min}は摩擦係数ばらつきbによりそれぞれ
    \mu_{max} =\mu_m +b\mu_m\mu_{min} =\mu_m -b\mu_mと表記出来る( b=\tfrac{\mu_{max}-\mu_{min}}{2\mu_m} )。


「ねじ締付け管理方法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ねじ締付け管理方法」の関連用語

ねじ締付け管理方法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ねじ締付け管理方法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのねじ締付け管理方法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS