かけやとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 建築用語 > かけやの意味・解説 

かけ や 【掛屋・懸屋】


かけ や [2] 【掛(け)矢】

(かし)などで作った大形木槌(つち)(くい)などを打ち込むときや,物を打ち壊したりするのに用いる。かきや。

掛矢

【用  語】掛矢
よみがなかけや
【意  味】
 堅い木で作られた大形木槌

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

かけや

遣方支柱丸太竹垣親柱間柱などを、地中打ち込むときに用いる大型木槌などの堅い木材でつくられている。  部分直径13~15cm、全体長さ24~27cm、柄の部分が90cm程度である。  なお、樹木などの立て入れ直しなどのとき、その樹木掛矢の柄にロープを結びつけて、部分支点にして引っ張るといった利用法もある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

かけやに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かけや」の関連用語

かけやのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

根太

キリンジャッキ

珪藻土

ふるい

くさかき

内法

継手

チェンソー





かけやのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2016 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2016 All rights reserved

©2016 Weblio RSS