静岡県 概要

静岡県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:31 UTC 版)

概要

直線距離にて県域の東西が155km、南北に118kmと全国13番目に広大な県域を保ち、全国10位の約360万人の人口を有する。旧令制国伊豆国のほとんどが[注釈 6]駿河国遠江国の凡そ3国に相当する県である。地域によって住民の意識、方言、文化面に大きな違いが見られる。北側は広大な南アルプス、南側には駿河湾遠州灘に面する。23市10区12町の自治体があり、はない。

約20万の事業所を抱え、全国4位の製造品出荷額を有するなど、全国有数の工業地域でもあり[3][4]ホンダの発祥地でスズキヤマハ発動機の本社がある他、オートバイピアノプラモデルの輸出量では日本一を誇る[5]。また、全国一の水揚げ額を有する焼津漁港や、静岡茶が有名であるなど、第一次産業も盛んであり、東西の交通網港湾を利用した6次産業化も進んでいる[6]

政令指定都市である静岡市浜松市、そして施行時特例市である沼津市富士市を有し、人口10万人以上の都市が10市ある[注釈 7]など、平野部を中心に人口が分散傾向にあり[7]首位都市(プライメイトシティ)は存在しない。

また、富士山富士山本宮浅間大社韮山反射炉三保の松原などの世界遺産や、世界ジオパークの一つである伊豆半島ジオパーク熱海温泉三嶋大社久能山東照宮登呂遺跡大井川鐵道など多くの観光資源を有し、年間約1.5億人の観光客が訪れる[8]

地理

広袤

『静岡県 市区町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系)』(国土地理院)によると静岡県の広袤は以下の通り[9]。また、『我が国の人口重心 -平成27年国勢調査結果から-』(総務省)による人口重心[10] も併記する。

地形

県総面積の64%が非可住の森林で構成されており、僅かな平野部に人口の大半が集積し高密度な都市を形成している[11]。 北部には標高3,000mを越える峰もある赤石山脈の山々がそびえ、一級水系大井川安倍川の源流となる。東部には第四紀火山が多く、富士山や、箱根山、伊豆東部火山群が現在でも活動しており、すでに活動を終えた天城山達磨火山等の数々の大型火山が伊豆半島の大地を造り上げた。この伊豆半島は、本州の中で唯一フィリピン海プレート上にあり、プレート境界である駿河トラフの延長線上に富士山が形成されている。南西部には台地や平野が多くなる。県の中央には糸魚川静岡構造線が南北に走り、安倍川がその南端に当たる。したがって、地質構造はこの安倍川を境にして県の東西で全く異なる。静岡県の形は金魚に例えられることがあり、この場合、西部を頭、東部を尾に見立てる。

節内の全座標を示した地図 - OSM
節内の全座標を出力 - KML
静岡県の地形図。スペースシャトル標高データ使用。
主な台地
牧之原台地
磐田原台地
三方原台地
主な半島
伊豆半島
三保半島
主な河川
狩野川
富士川
安倍川
大井川
菊川
天竜川

自然公園

県立自然公園
日本平県立自然公園
奥大井県立自然公園
御前崎遠州灘県立自然公園
浜名湖県立自然公園

気候

全域が太平洋側気候であるが、標高差が大きいため地域による寒暖の差が激しい。冬の平野部や沿岸部は黒潮の影響で本州の中でも非常に温暖であり、寒気の影響を受けにくいために放射冷却によって朝晩は氷点下まで下がることがあっても、日中は10°Cを超えることがほとんどである。特に伊豆地方の沿岸部では氷点下まで下がることはなく、雪が降ることもほとんどないなど、南九州並みに温暖な気候である。一方、旧井川村と旧水窪町などの赤石山脈に接する北部山間部は中央高地式気候の影響も受けており、冬はが多く豪雪地帯である。また、東部内陸部の御殿場市などでも南岸低気圧によりかなりの積雪をもたらし、東北地方並みのかなり厳しい冷え込みになることが多い。そのほか、裾野市にあるスキー場「スノータウンイエティ」は20年連続で日本一早いオープンを飾っている。夏は、天竜地域など西部内陸ではかなりの酷暑となるが、それ以外の地域ではそれほどの酷暑とはならず、東部や伊豆地方を中心に比較的冷涼である。

ケッペンの気候区分によると県域の大部分は温暖湿潤気候ではあるが、富士山は最暖月の平均気温が6℃しかなく、寒帯地域のツンドラ気候に相当している。

夏から秋にかけては台風の影響を受ける。1951年昭和26年)以降の台風上陸数は鹿児島県高知県和歌山県に次いで4番目に多い県である。

台風の上陸数
(都道府県別)
順位 都道府県 上陸数
1 鹿児島県 42
2 高知県 26
3 和歌山県 24
4 静岡県 21
5 長崎県 17
6 宮崎県 14
7 愛知県 12
8 千葉県 9
9 熊本県 8
10 徳島県 7
静岡県各地の平年値(統計期間:1971年 - 2000年、出典:気象庁・気象統計情報
平年値
(月単位)
西部 中部 東部 伊豆
浜松 浜松市
天竜区
浜松市
佐久間
磐田 御前崎市
御前崎
菊川市
菊川牧之原
牧之原市
静岡空港
川根本町 静岡市
井川
静岡 静岡市
清水
富士 富士山 御殿場 三島 松崎 南伊豆町
石廊崎
東伊豆町
稲取
熱海市
網代
平均
気温
()
最暖月 26.7
(8月)
26.6
(8月)
26.1
(8月)
26.2
(8月)
26.2
(8月)
25.2
(8月)
24.8
(8月)
21.9
(8月)
26.8
(8月)
26.4
(8月)
26.2
(8月)
6.0
(8月)
23.4
(8月)
26.5
(8月)
25.9
(8月)
25.8
(8月)
25.3
(8月)
26.0
(8月)
最寒月 5.8
(1月)
5.3
(1月)
3.6
(1月)
6.1
(1月)
6.5
(1月)
4.6
(1月)
3.0
(1月)
1.2
(1月)
6.6
(1月)
6.5
(1月)
5.5
(1月)
−18.5
(1月)
2.5
(1月)
5.5
(1月)
6.8
(2月)
7.9
(2月)
6.5
(2月)
6.7
(2月)
降水量
(mm)
最多月 262.2
(9月)
292.5
(6月)
350.1
(9月)
239.7
(9月)
265.7
(6月)
304.8
(9月)
438.3
(9月)
502.5
(9月)
304.3
(9月)
307.6
(9月)
281.9
(9月)
371.4
(9月)
249.3
(9月)
263.3
(6月)
243.9
(6月)
310.2
(6月)
262.5
(9月)
最少月 50.1
(12月)
46.6
(12月)
50.6
(12月)
40.6
(12月)
62.4
(12月)
50.6
(12月)
62.3
(12月)
68.9
(12月)
59.6
(12月)
55.0
(12月)
53.5
(12月)
69.1
(12月)
54.7
(12月)
54.2
(12月)
59.1
(12月)
58.2
(12月)
46.0
(12月)

地域

静岡県の分類

名目上の行政区分で、東日本中部地方東海地方広域関東圏などに区分されている。また、名古屋圏関東地方からも独立した地域として、「静岡(県)地方」とされるケースも存在する。しかし、糸魚川静岡構造線を挟んで東側と西側に広い面積を占めているため、行政やその他諸々の区分では、西日本に分類される場合もあり、またこれらとは違う区分に属することもある。

全域を一括する場合

東日本西日本
静岡県は、東日本と西日本のほぼ真ん中に位置しているが、全国二地方区分では歴史的・文化的経緯・面積の比率を勘案して、東日本に分類されることが多い。しかし、民間企業を中心に、企業・団体に依っては西日本に分類される場合もある。
中部地方東海地方)、広域関東圏
静岡県(知事)は、関東地方知事会に所属しているが、1967年以降中部圏知事会議にも所属している。中央省庁や民間企業の管轄も、中部地方(東海地方)とする機関と関東地方とする機関が混在している。この場合、中央省庁の出先機関の所在地が、中部(東海)はほぼ全て名古屋に置かれ、関東は東京さいたまに置かれることが多い。
*法務省、警察庁、防衛省、農林水産省、経済産業省、環境省の関連・外郭団体の類も、基本的に静岡県は関東(広域)圏の枠組みに入る(一部を除く)[要出典]

県を分割する場合

その他のエリア区分例

  • (1)静岡県全域を愛知県西部などと一緒に東海や中部に区分する。
  • (2)静岡県全域を広域関東圏(もしくは南関東)に区分する。
  • (3)静岡県全域を単独で東海とする。[注釈 8]
  • (4)特定の川で静岡県を分割する。

企業・団体によってエリア区分はそれぞれ異なる。

企業・団体のエリア区分は、それぞれの監督官庁のエリア区分を反映している物が多いが、基本的に静岡県が地域分類される場合、大まかに分けて次の4分類のいずれかが見られる。

中部(東海)
一番よく見かける分類である。なお、静岡県を除く東海地方3県のみの枠組みとして「東海3県」という分類があるが、「東海地方」という分類において静岡県を除外することは稀である。
広域関東圏(関東・甲信越静)
次に多いのがこの分類である。また、西部のみを「中部(東海)」として、東部、中部を「関東」とする例も最近では見受けられ、静岡市から新幹線東京横浜に通勤・通学する人間も少なくない。
神静(神奈川県と静岡県)
日本ビクター(現:JVCケンウッド)、ダイア建設ホシザキ湘南 など、神奈川県全域と静岡県全域を一緒にするエリア区分も少数ながら存在する。この枠組みでは、横浜を業務拠点として、静岡県はその管轄下となるケースがある。
なお、旧コカ・コーラセントラルジャパンは、山梨県神奈川県・静岡県の3県全域(旧称:富士コカ・コーラボトリング営業エリア)を富士地区統括としていた。
静岡県
静岡県労働金庫のように、首都圏名古屋圏とも別にして、静岡県を単独のエリアとするエリア区分も存在する。この場合、静岡県が「東海」と区分されることがある(例えば、東海工業地域《静岡県》と中京工業地帯愛知県三重県岐阜県》)。
なお、ユニーのように、静岡県全域と山梨県で「静岡ブロック」「山静(甲静)ブロック」とするエリア区分も存在する。

道州制

静岡県を巡る道州制の区割り案について、地方制度調査会は、9道州案では中部州、11道州案や13道州案では東海州に含まれるとしている。また、国土交通省広域地方計画では、静岡県は中部圏に含まれるとしている。ただ東部では国政への発言力増大のため、静岡県東部政令指定都市構想が出される等動きが活発であり、今後の動向が注目される。

地域区分

西部、中部、東部(東部・伊豆)

静岡県は、富士川牧之原台地を境として、東部、中部、西部の3地域に区分される。東部はさらに狭義の東部伊豆に分けられることもある。ただ富士川より西にあり中部であった旧富士川町2008年(平成20年)11月の富士市に編入されたことで富士川による境は実質なくなってしまい、県庁による地域区分でも必ずしも川が境界線とは限らない場合がある。

静岡県内には以下の23512がある。村は旧龍山村が浜松市と合併したことにより2005年(平成17年)6月30日をもって消滅した。

「町」の読み方は、森町のみ「まち」で、その他は「ちょう」。

東部

旧駿河国のうち富士川以東、および伊豆諸島を除いた旧伊豆国に相当する。市外局番は0544、0545、055または055Cであり、郵便番号は41から始まる。自動車のナンバープレートはかつては全域で「沼津」であったが、2006年(平成18年)10月から伊豆地域(上記「伊豆」エリア)でご当地ナンバーの「伊豆」が、2008年(平成20年)11月からは富士市、富士宮市、御殿場市、裾野市、小山町で「富士山」が導入されてからは、新規で沼津ナンバーを配布しているのは、沼津市と駿東郡清水町、長泉町のみである。

狭義の東部
伊豆

中部

旧駿河国のうち富士川以西と、旧遠江国のうち牧之原台地以東(現・牧之原市および榛原郡域)に相当する。市外局番は054または054Cであり、郵便番号は42から始まる。自動車のナンバープレートは「静岡」である。

西部

榛原郡域を除く旧遠江国に相当する。現在は、「遠州」と言われている。市外局番は053または053Cであり、郵便番号は43から始まる。自動車のナンバープレートは「浜松」である。

ただし例外がある。

  • 御前崎市のうち、旧御前崎町は、旧浜岡町との合併まで中部に属していたことから、市外局番と郵便番号は中部と同じで、合併後も変更されていない。
  • 教育行政上の区分では、掛川市、菊川市、御前崎市は中部教育事務所に管轄される。

浜松市南部、湖西市を西遠として、浜松市北部を北遠、磐田市袋井市掛川市南西部、森町を中遠、掛川市菊川市御前崎市を東遠、中遠と東遠を合わせて中東遠と区分することがある。


注釈

  1. ^ 1968年(昭和43年)8月26日制定
  2. ^ 1968年(昭和43年)8月6日制定
  3. ^ 海上を隔てて隣接。
  4. ^ 1965年(昭和40年)9月21日選定
  5. ^ 1964年(昭和39年)10月2日制定
  6. ^ 後に東京都に越境合併された伊豆諸島を含まない。
  7. ^ 日本の市の人口順位
  8. ^ この場合、東海3県を「中京」もしくは「中部」「愛三岐」などと表記。
  9. ^ (資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 関所と河川の徒渉)
  10. ^ 県外(山梨県)の南部町は除く。
  11. ^ 国の国内総生産順リスト (為替レート)
  12. ^ サイサングループ
  13. ^ a b c d e 静岡ガスグループ
  14. ^ 尚、朝日新聞は2019年4月1日、「静岡」に統一され、その他の新聞社も「静岡」で統一した。また、2021年10月1日、読売新聞は、「静岡」「東部・伊豆」を統合し、中東部・伊豆地方は「静岡」に変更された。
  15. ^ 会社自体は現存しており、現在は中部本社管内の新聞の配送のみに特化。

出典

  1. ^ a b 県の概要-県章・県旗”. 静岡県ホームページ. 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c 県の概要-県の鳥・花・木work=静岡県ホームページ”. 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ 製造業合計(都道府県データランキング)” (日本語). 製造業合計(都道府県データランキング). 2020年10月11日閲覧。
  4. ^ kanenshiryou3-2”. 2020年10月11日閲覧。
  5. ^ 静岡県/Myしずおか日本一一覧表”. www.pref.shizuoka.jp. 2020年12月10日閲覧。
  6. ^ 静岡県/6次産業化の推進”. www.pref.shizuoka.jp. 2020年12月10日閲覧。
  7. ^ 静岡県の人口減少対策への提言”. 人口減少問題に関する有識者会議. 2020年12月11日閲覧。
  8. ^ H30観光交流客数の動向冊子(校正版)”. 静岡県文化・観光部観光交流局、観光政策課. 2020年11月23日閲覧。
  9. ^ 静岡県 市区町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系) 国土地理院(2018年5月2日閲覧)
  10. ^ 我が国の人口重心 -平成27年国勢調査結果から- 総務省(2018年5月2日閲覧)
  11. ^ 都道府県別森林率”. 林野庁. 2020年10月13日閲覧。
  12. ^ 岳南地域(読み)がくなんちいきコトバンク
  13. ^ a b 県の概要-県の成り立ち”. 静岡県. 2020年10月16日閲覧。
  14. ^ 「静岡の由来」碑について”. 静岡市. 2020年10月16日閲覧。
  15. ^ 本多隆成 et al. 1998, pp. 10–11, 荒木敏夫「静岡県の夜明けと律令体制の成立」.
  16. ^ 本多隆成 et al. 1998, pp. 12–15, 荒木敏夫「静岡県の夜明けと律令体制の成立」.
  17. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, p. 18, 白村江の戦いと廬原氏 ~ヤマト政権と国造~.
  18. ^ 本多隆成 et al. 1998, pp. 40–43, 荒木敏夫「静岡県の夜明けと律令体制の成立」.
  19. ^ 富士山世界文化遺産登録推進両県合同会議/富士山を世界遺産にする国民会議 発行 『富士山 信仰と芸術の源』 小学館 2009年 p84
  20. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, p. 16, ヤマトタケルの伝承とヤマト政権の東海支配.
  21. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 江・駿河・伊豆三国の郡と郷.
  22. ^ 本多隆成 et al. 1998, pp. 66–68, 杉橋隆夫「地域の武士社会と政権」.
  23. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 貴族が流された国伊豆.
  24. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 曽我兄弟仇討ち事件の謎.
  25. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 近世概説.
  26. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 駿府から発信された幕府政治.
  27. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, ゴールドラッシュの伊豆、幾たびか.
  28. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 天保飢饉から幕末の混乱へ ~天保7年の志太郡・益津郡の打ちこわしからみえるもの~.
  29. ^ 資料に学ぶ静岡県の歴史 2009, 関連年表.
  30. ^ 静岡新聞社. “静岡県の人口 360万人割る 減少に歯止めかからず|あなたの静岡新聞|深堀り情報まとめ〈知っとこ〉” (日本語). www.at-s.com. 2022年5月31日閲覧。
  31. ^ 政令市でも若者の流出が続く「静岡と浜松」の苦悩 | 街・住まい” (日本語). 東洋経済オンライン (2021年9月27日). 2022年5月31日閲覧。
  32. ^ 静岡新聞社. “加速する人口減少 静岡県の施策は?|あなたの静岡新聞|深堀り情報まとめ〈知っとこ〉” (日本語). www.at-s.com. 2022年5月31日閲覧。
  33. ^ a b 静岡新聞社. “静岡県の人口 360万人割る 減少に歯止めかからず|あなたの静岡新聞|深堀り情報まとめ〈知っとこ〉” (日本語). www.at-s.com. 2022年5月31日閲覧。
  34. ^ 静岡県 / 応援していただきたい施策の紹介
  35. ^ 川勝平太著(B6) 『富国有徳論』紀伊國屋書店、1995年9月。ISBN 9784314006910 
    対談部分を除く出版元を変え再版 -- 川勝平太著(文庫) 『富国有徳論』中央公論新社中公文庫〉、2000年1月25日。ISBN 9784122035713 
  36. ^ お米の消費日本一の静岡で開催する「お米日本一コンテスト」参加募集”. 共同通信PRワイヤー (2004年8月3日). 2018年1月8日閲覧。
  37. ^ 静岡県 / ふじっぴー紹介
  38. ^ 地域別総生産及び所得 [1]
  39. ^ 静岡県 (2021年6月29日). “2020年工業統計調査(確報)調査結果の概要等”. 2021年6月29日閲覧。
  40. ^ 都道府県別事業所数・従業者数等について[2]
  41. ^ 八幡和郎, p. 127.
  42. ^ Myしずおか日本一 プラモデルの出荷額 日本一 ふじのくに(静岡県公式ホームページ)2018年9月16日閲覧
  43. ^ コンテナ取扱貨物量上位20港ランキング[3]
  44. ^ 八幡和郎, p. 126.
  45. ^ 静岡大学人文社会科学部・地域創造学環(編)『大学的 静岡ガイド:こだわりの歩き方』 昭和堂 2019年 ISBN 978-4-8122-1815-0 pp.226-227.
  46. ^ かつおの漁獲量、産出額、輸出日本一 静岡県
  47. ^ きはだの漁獲量、産出額日本一 静岡県
  48. ^ さくらえびの漁獲量日本一 静岡県
  49. ^ 島田瓦斯株式会社の株式取得に関するお知らせ”. 静岡ガス (2008年3月23日). 2018年3月31日閲覧。
  50. ^ 日本の鉄道事業者一覧
  51. ^ 鉄道業界 売上高ランキング(2019 - 2020年)[4]
  52. ^ 統計センターしずおか/鉄道運輸状況 新幹線駅別乗車人数(一日平均)”. toukei.pref.shizuoka.jp. 2020年12月10日閲覧。
  53. ^ 乗車人員ベスト10駅” (日本語). JR東海. 2020年12月10日閲覧。
  54. ^ 賀茂地域教育振興方針 [5] 平成29年2月 p.27
  55. ^ a b ふじのくに 静岡県公式ホームページ
  56. ^ ネット別テレビ局一覧表”. www.saturn.dti.ne.jp. 2021年2月7日閲覧。
  57. ^ MSN毎日インタラクティブ(丸山進)”. 毎日新聞. 2007年5月31日閲覧。
  58. ^ なぜテレビ東京系は広島や仙台で視聴できないのか” (日本語). エキサイトニュース. 2021年2月7日閲覧。
  59. ^ 静岡フィルムコミッションnet(2013年9月2日閲覧)
  60. ^ “本広克行監督コメント”. BARKS. http://www.barks.jp/news/?id=1000109359 2015年1月5日閲覧。 
  61. ^ メイド喫茶で映画『サイレントヒル』のナイショの話が聞けちゃった!! - ファミ通.com” (日本語). www.famitsu.com. 2018年7月13日閲覧。
  62. ^ 韓国・忠清南道と静岡県 友好協定を締結(聯合ニュース、2013/4/30)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

静岡県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
静岡県の温泉情報



静岡県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの静岡県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS