豊橋市 経済

豊橋市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 05:02 UTC 版)

経済

かつては製糸・紡績業が盛んだった。1927年時点の製糸生産高は長野県諏訪郡平野村(現在の岡谷市)に次いで全国第2位であり、大正・昭和戦前期には工業生産高の60-80%を製糸業が占めていた[36]。岡谷市や群馬県前橋市などとともに代表的な製糸都市であり、『豊橋音頭』には「三州豊橋糸の町」と唄われている[36]。また、1996年まで豊橋乾繭取引所があった。

第一次産業

大清水町にあるキャベツ畑

農業

市南部は畑が多く、キャベツ白菜トマトなど、露地または施設における野菜の栽培が盛んであり、牛、豚、鶏などの畜産も行われている[37]。市西部は水田が多く、稲作を中心としながら露地や施設の園芸が行われている。市北部ではなしぶどうなどの果樹栽培が盛んである[37]ちくわや寒天ゼリーといった加工食品も多く生産されている[38]。 農業産出額(農業粗生産額)では1967年(昭和42年)から2004年(平成16年)まで全国の自治体で第1位だった[37]。 2006年の農業産出額は474億円であり、724億円の田原市に次いで愛知県第2位、全国第6位だった[39]

主な農産物

漁業

主な漁業
  • うなぎ - 「豊橋うなぎ」として商標登録されブランド化されている[42]
魚市場

畜産業

主な畜産業

林業

第二次産業

豊橋市に拠点を置くフォルクスワーゲングループジャパン本社

工業

主な工業施設

三河港明海付近の工業施設に関しては、明海町を参照。

港湾施設
ライフポートとよはし豊橋港
カモメリア(神野埠頭)

豊橋を中心とした三河港は国内屈指の国際貿易港である。特に自動車の輸出入は金額・台数とも全国トップクラスであり[43]ドイツブレーマーハーフェン港と並ぶ自動車輸出入港である。

取り扱われている自動車メーカー

第三次産業

ときわ通り商店街

商業

主な商業施設
豊鉄ターミナルホテル
ココラアベニュー
emCAMPUS
豊橋駅周辺
向山町、柳生橋駅周辺
藤沢町、橋良町
神野新田町
野依町、大清水駅周辺

本社を置く企業

飲食関係

食品関係

自動車関係

製造関係

繊維関係

  • くればぁ(マスク、メッシュ加工企画製品)

小売関係

その他

拠点を置く主要企業


注釈

  1. ^ 商業・法人登記の申請業務は岡崎支局で行なわている。
  2. ^ 裁判員の参加する刑事裁判は岡崎支部で行なわれている。
  3. ^ なお、中原町など市内の一部地域は、静岡県湖西市にある新所原駅が最寄り駅となる。
  4. ^ 逆に国道1号(潮見バイパス)の静岡県湖西市側の愛知県との県境付近の下り線には、愛知県警の電光掲示板が設置されている。
  5. ^ a b 原作漫画は大分県野津町舞台。ドラマ版(第1作)・映画版とも、園子温(豊川市出身)が監督を務め、豊橋、豊川、新城の各市でロケが行われた。

出典

  1. ^ 東三河県庁 | 東三河県庁のポータルサイト | 穂っとネット東三河”. www.higashimikawa.jp. 2020年2月13日閲覧。
  2. ^ 東三河総局 - 愛知県”. www.pref.aichi.jp. 2020年2月13日閲覧。
  3. ^ 豊橋市の概要”. 2020年2月13日閲覧。
  4. ^ 『豊橋百科事典』(豊橋百科事典編集委員会、2006年)p.73
  5. ^ 『日本歴史知名体系23巻 愛知県の地名』(平凡社、1995年5月) p.1045
  6. ^ 『藩史大事典 第4巻 中部編Ⅱ―東海』(雄山閣出版、1989年1月) p.233
  7. ^ 資料1-3 市町村別平均津波高一覧表<満潮位>”. 内閣府防災情報のページ (2012年8月29日). 2024年2月16日閲覧。
  8. ^ 豊橋 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2024年3月9日閲覧。
  9. ^ あいちの人口 愛知県
  10. ^ 豊橋市人口ビジョン2ページ目”. 豊橋市. 2020年6月25日閲覧。
  11. ^ 高橋亮平 (2020年6月1日). “【自治体ランキング】転出超過ワースト3は小山市、成田市、長崎市…新宿区が11位の驚き”. Yahoo!ニュース 個人. 2021年6月25日閲覧。
  12. ^ 豊橋市政策研究レター”. 豊橋市未来創生戦略室. 2022年6月5日閲覧。
  13. ^ まち・ひと・しごと創生”. 豊橋市. 2022年6月5日閲覧。
  14. ^ 愛知県内の市町村における外国人住民数の状況(2018年12月末現在)”. 愛知県. 2020年2月17日閲覧。
  15. ^ 外国人市民(がいこくじんしみん)と共(とも)に生(い)きる取組(とりくみ)”. 豊橋市. 2020年2月17日閲覧。
  16. ^ 『伊能図から現代図まで 全国130都市の歴史をたどる 日本200年地図』(2018年10月30日、河出書房出版発行)317ページ。
  17. ^ 明示39年7月5日内務省告示第64号
  18. ^ 下川耿史『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』p.391 河出書房新社 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  19. ^ 日外アソシエーツ編集部 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年9月27日、32頁。ISBN 9784816922749 
  20. ^ 原武史『昭和天皇御召列車全記録』新潮社、2016年9月30日、92頁。ISBN 978-4-10-320523-4 
  21. ^ 大たつ巻、東海道を真っ二つ 1人死に60人重軽傷 130戸に被害 車20台が飛ぶ『朝日新聞』昭和44年(1969年)12月8日朝刊、12版、15面
  22. ^ 未明の猛火 百貨店全焼 豊橋駅前 七階建をひとなめ『朝日新聞』1970年(昭和45年)2月6日夕刊 3版 11面
  23. ^ 平成24年6月1日愛知県暴力団排除条例の一部を改正する条例が施行されました”. 愛知県 (2012年). 2022年9月22日閲覧。
  24. ^ “【速報】愛知・豊橋市で水没した車から60代くらいの男性発見搬送先で死亡 愛知県警”. テレ朝news (テレビ朝日). (2023年6月2日). オリジナルの2023年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230603032152/https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000301903.html 2023年6月3日閲覧。 
  25. ^ 東三河でも記録的大雨が猛威”. 東愛知新聞 (2023年6月4日). 2023年9月5日閲覧。
  26. ^ 豊川市役所: “「東三河広域連合」が発足”. 広報とよかわ 平成27年2月15日号. 豊川市役所 (2015年2月15日). 2023年10月12日閲覧。
  27. ^ 東三河広域連合規約”. 東三河広域連合例規集. 東三河広域連合 (2015年1月30日). 2023年10月12日閲覧。 “第6条 広域連合の主たる事務所は、愛知県豊橋市八町通二丁目16番地に置く。”
  28. ^ 豊橋市. “ええじゃないかトップページ : ええじゃないか豊橋とは”. 2014年7月7日閲覧。[リンク切れ]
  29. ^ 豊橋市. “豊橋市のマスコット「トヨッキー」”. 2014年7月7日閲覧。
  30. ^ 平成31年度 予算概要説明資料” (PDF). 豊橋市役所 (2019年2月15日). 2019年2月28日閲覧。
  31. ^ 「海外都市との交流」(海外都市との交流)
  32. ^ あいちフレンドシップ交流アルバム 愛知県
  33. ^ a b 平成31年4月7日執行 愛知県議会議員一般選挙 投票状況速報” (PDF). 愛知県選挙管理委員会 (2019年4月7日). 2019年4月7日閲覧。
  34. ^ a b 平成27年4月12日執行 愛知県議会議員一般選挙 投票状況速報” (PDF). 愛知県選挙管理委員会 (2015年4月12日). 2019年4月7日閲覧。
  35. ^ 第49回衆議院議員総選挙(小選挙区) 投票状況速報” (PDF). 愛知県選挙管理委員会 (2021年10月31日). 2021年11月1日閲覧。
  36. ^ a b 蚕都豊橋製糸業の発展と衰退 石川繊維資料館
  37. ^ a b c 概要と基礎データ 豊橋市
  38. ^ 『あいちの地場産業』岡崎信用金庫、2012年
  39. ^ 豊橋田原地域の農業 豊橋市
  40. ^ 種無し巨峰 豊橋市特産”. 愛知県. 2021年8月12日閲覧。
  41. ^ JA豊橋 ブランド”. JA豊橋. 2021年8月12日閲覧。
  42. ^ 「浜名湖うなぎ」商標登録 ウナギ養殖発祥の地元「大きなプラス」と大喜び”. スポーツ報知. 2021年8月2日閲覧。
  43. ^ 三河港の概要|三河港振興会”. www.port-mikawa.jp. 2021年9月30日閲覧。
  44. ^ 豊橋新城スマートIC(仮称)の新規事業化が決定!! 豊橋市
  45. ^ とよはしネイチャースポット保全マニュアル-嵩山蛇穴・浅間神社周辺(すせのじゃあな・せんげんじんじゃし”. 豊橋市 公式ウェブサイト. 豊橋市. 2020年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月23日閲覧。
  46. ^ 嵩山蛇穴遺跡”. 豊橋市美術博物館 公式ウェブサイト. 豊橋市美術博物館. 2020年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月23日閲覧。
  47. ^ 第2章 環境の現況” (PDF). 日本・愛知県豊橋市: 豊橋市環境部環境政策課. p. 22 (2004年). 2020年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月23日閲覧。 - 豊橋市ホームページの「平成16年度版 とよはしの環境」から「第2章 環境の現況>第1節 自然環境>『気候、地形・地質、植物・動物 PDF 28KB』」をクリックして閲覧可能。
  48. ^ 春祭り”. 豊橋市. 2023年8月6日閲覧。
  49. ^ a b 食文化”. 豊橋市役所. 2021年1月2日閲覧。
  50. ^ “にかけうどんは三河っ子のソウルフード”. 中日新聞. (2013年6月21日). https://plus.chunichi.co.jp/blog/ootake/article/236/1241/ 2020年12月29日閲覧。 
  51. ^ 豊橋のうどんといえば……。(加藤 友梨)”. 豊橋市役所. 2021年1月2日閲覧。
  52. ^ “SKE48・松井玲奈主演の地域ドラマ、第2弾制作決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2030003/full/ 2014年3月10日閲覧。 
  53. ^ 風に逆らう流れ者”. 日活. 2021年7月24日閲覧。
  54. ^ ロケ地マップ表”. 豊橋市. 2021年7月24日閲覧。
  55. ^ 1リットルの涙”. 地ムービー. 2021年7月24日閲覧。
  56. ^ とよはしスロータウン映画祭、来年も開催へ 愛知”. 朝日新聞. 2021年7月24日閲覧。
  57. ^ 映画 みんな!エスパーだよ!”. 愛知県観光コンベンション局観光振興課. 2021年7月22日閲覧。
  58. ^ 2015/11/7 映画『グラスホッパー』公開”. ほの国東三河ロケ応援団. 2021年7月24日閲覧。
  59. ^ 少女”. 地ムービー. 2021年7月24日閲覧。
  60. ^ 平田満主演「家族マニュアル」を手掛けた内田英治監督、“映画の街”豊橋に「感動しました」”. 映画.com. 2021年7月24日閲覧。
  61. ^ ドラマスペシャル 1970ぼくたちの青春”. 公益財団法人 放送番組センター. 2021年7月24日閲覧。
  62. ^ a b ドラマ2作のロケ地紹介 県がマップ製作/豊橋や新城も記載”. 東日新聞. 2021年7月22日閲覧。
  63. ^ ドラマ「陸王」豊橋ロケが始まる”. 東愛知新聞. 2021年7月22日閲覧。
  64. ^ 豊橋で松下由樹さんが新春ドラマ撮影”. 東愛知新聞. 2021年7月24日閲覧。
  65. ^ 豊橋の伊古部海岸に「エールオブジェ」”. 東愛知新聞. 2021年7月22日閲覧。
  66. ^ TBSドラマが豊橋駅前でロケ「ほの国東三河ロケ応援団」が協力”. 東日新聞. 2021年7月24日閲覧。
  67. ^ 「タフマン」シリーズの新テレビCMがスタート!”. ヤクルト. 2021年7月7日閲覧。
  68. ^ 【豊橋市】亀梨くん出演のタフマンのCMはご覧になりましたか?”. 本氣メディア株式会社. 2021年7月7日閲覧。
  69. ^ だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!(2)”. 竹書房. 2021年7月22日閲覧。
  70. ^ 「戦争めし」原作者が桜丘高訪問”. 東愛知新聞. 2021年8月12日閲覧。
  71. ^ 桜丘高生徒の活動を取り上げる 漫画「戦争めし」第7巻発売”. 東愛知新聞. 2021年8月12日閲覧。
  72. ^ 【地元作家コラム:雨森たきび】~私と地元~離れて分かるちょっと変な愛知県”. 三洋堂書店. 2021年7月22日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「豊橋市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||



7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

豊橋市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



豊橋市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豊橋市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS