讀賣テレビ放送 情報カメラ設置ポイント

讀賣テレビ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 06:58 UTC 版)

情報カメラ設置ポイント

アナウンサー

※はアナウンス部長経験者。公式ホームページ上“チームYTVアナ”において所属アナウンサーの出身地や生年月日、血液型[25][26] などの簡略なプロフィールを記載。

現在

※入社年度順

男性

女性

元職

男性

  • 生田博巳(1958年 - 1964年。同年、読売テレビ開局時にNHKから移籍、退社後に大阪でアナウンサー養成学校の生田教室を主宰。 2000年12月死去)
  • 寄藤隆也(読売テレビ開局の第一声を行った)
  • 佐藤忠功(1960年 - )
  • 羽川英樹山陽放送から1977年に移籍。退職後はフリーアナウンサーやタレントとして活動)
  • 鎌田龍児(以後、東京支社制作局 ※映画版「YAWARA!」制作担当)
  • 竹山祐一
  • 岩田公雄(1974年 - 1987年、以後、元NNNマニラ支局長 → 報道局解説委員、解説委員長。定年延長後、学習院大学法学部特別客員教授)
  • 一丁田修一(1977年 - 1999年、同年、日本短波放送から移籍)
  • 小城敏(1978年 - 、元視聴者センター部部長)
  • 下山英三(京都放送から1964年に移籍。移籍後にアナウンス部長を務めた)
  • 斎藤敬(常勤監査役、元:報道局長兼務)[28]
  • 辛坊治郎(1980年 - 1997年、1997年 - 2010年9月迄報道局報道部チーフプロデューサー → 情報番組部長 → 解説委員、解説委員長。現・大阪綜合研究所代表)
  • 村田真哉(1980年 - 、以後、宣伝局広報部 → スポーツ部ゴルフ担当 → 東京支社広報部 → 事業局 → 東京支社事業部 → 事業局 → コンテンツ → 元:編成局宣伝部長 → 読売テレビエンタープライズ東京支社 → 情報スポーツ部)
  • 石黒新(1981年 - 1998年3月、以後ワイズビジョン出向 → 報道局 → 編成局広報部部長補佐 → 編成局アナウンス部長(2004年から2007年) → 50年社史編纂事務局長 → 総務局総務部専門部長)
  • 森たけし(森武史)(1983年 - 2020年3月、定年以後、フリーアナウンサーに転身)
  • 道浦俊彦(1984年 - 2014年6月、2008年以後、報道局兼務副部長 → 専門部長)
  • 結城豊弘(1986年 - 1995年、制作局部長待遇チーフプロデューサー兼報道局、元:編成局情報番組センター統括プロデューサー)
  • 山本純也(1988年 - 2005年10月、以後、営業局 → 総務局人事部)
  • 坂泰知(1988年 - 2006年5月、以後、報道局チーフプロデューサー → 経営企画局)
  • 大田良平(1998年 - 2012年、現・報道局報道部記者、2017年2月から『かんさい情報ネットten.』のフィールドキャスターを兼務、『情報ライブ ミヤネ屋』プロデューサー)
  • 清水健(2001年 - 2017年、在職中に一般社団法人清水健基金を設立。退社後は基金の活動に専念)
  • 五十嵐竜馬(2005年 - 2014年、2015年1月以後、報道局報道記者)
  • 本野大輔(2005年 - 2020年、2021年1月以後、営業局営業部)

女性

  • 赤松智子
  • 山田孝子(ラジオ関西から1958年10月に移籍)
  • 植村なおみ(1989年 - 2017年6月、2010年7月付以後、採用担当 → 編成局東京制作センター → 東京支社宣伝部副部長兼務、報道局、コンプライアンス推進室 → 2021年6月、退職以後、フリーアナウンサーへ転身)
  • 脇浜紀子(1990年 - 2015年6月、コンテンツビジネスセンター・コンテンツ事業部異動後、2016年末付けにて退職し、2017年4月から現・京都産業大学現代社会学部現代社会学科教授)
  • 村上順子(1992年 - 2005年4月8日、結婚前までは旧姓の「徳山」名義で活動)
  • 中元綾子(1995年 - 2005年2月、退職以後、広島ホームテレビ契約アナウンサー、小学校教諭を経て、広島県を拠点にフリーアナウンサーとして活動)
  • 横須賀ゆきの(1999年 - 、2012年4月から報道局報道部記者兼務)
  • 小林杏奈(2003年 - 2014年6月、現・編成局宣伝部)
  • 川田裕美(2006年 - 2015年3月、退職以後、フリーアナウンサーへ転身)
  • 増井渚(2014年 - 2016年3月、退職以後、フリーアナウンサーへ転身)

記者

  • 河中可志子
  • 嶋田麻里
  • 田中麻美
  • 波止荘子
  • 中島舞子
  • 橋本雅之(2017年2月から大田と共に『かんさい情報ネットten.』のフィールドキャスターを兼務)
  • 中村和可奈

注釈

  1. ^ 在阪準キー局の東京支社が在京キー局の本社ビル内に入居するのは読売テレビが唯一である。系列局で見ると本局の他、南海放送も入居している。またTBS系列の準キー局である毎日放送MBSテレビ)は東京・赤坂のTBSホールディングス(TBSHD)敷地内にある「赤坂Bizタワー」内に東京支社が入居している。
  2. ^ 同年9月1日から7時30分、翌年1月18日から7時放送開始。
  3. ^ ラジオでも1953年に、RKB毎日放送が当時県域ラジオ局が無かった山口県での防府中継局設置や東京支社を利用した神奈川県域の分局を申請し、地元資本と競願となって摩擦を起こしている。
  4. ^ 一方、隣接地域でない越境免許は、2013年に開局したInter-FM NAGOYA(当初は東京のInterFMが運営した「名古屋放送局」だったが、のちに同社が完全出資した新会社「株式会社Radio NEO」が運営、局名も「Radio NEO」に改められる)で実現している。
  5. ^ 当時の大阪テレビの番組編成はラジオ東京優勢の編成であったため(ニュースにいたってはYTV開局前からラジオ東京のもののみ放送されていた)。
  6. ^ a b 関西テレビ放送阪急阪神HD)、朝日放送グループホールディングス近鉄HD)・阪神、旧・毎日放送(現・MBSメディアホールディングス)は南海京阪HD)・近鉄が資本参加。テレビ大阪も近鉄が資本参加していた時期がある。なお、テレビ大阪・読売テレビともにJR西日本・京阪沿線の京橋駅近くにあるが、JR西日本や京阪の資本は入っていない。
  7. ^ 新ロゴ制定後も数年間本社の駐車場の入口に10マークが残っていた。
  8. ^ 基本的にエンディングは、DX側の終盤に番組別でスタッフクレジットとともに次回予告を流す(制作著作:ytvはDX側のみ表示。なお、一部回を除く)。
  9. ^ 1996年4月から裏番組で『SMAP×SMAP』が始まった影響で、同枠のドラマは打ち切りや短縮が相次いだ。業界サイドでも「死に枠」と呼ばれており、スタッフ側でも何をやってもスマスマには勝てないという諦めムードが漂っていたという。
  10. ^ 過去に日本テレビの『スーパーテレビ情報最前線』と制作枠を交換し、21時が読売テレビ、22時が日本テレビの制作枠となっていたが、2008年4月に『情報ライブ ミヤネ屋』の日本テレビでの放送開始(14時台ネットワークセールス化)と引き換えに交換。
  11. ^ 2020年10月期も日曜ドラマの制作を担当したが、木曜ドラマFは休止となり、この間はバラエティ番組の『「任意同行」願えますか?』が放送された。
  12. ^ 但し、全編ローカルセールス枠となる。
  13. ^ グランドフィナーレの時間帯でも一部を読売テレビ発に差し替えて関西各地の募金会場などからのリレー中継やローカルのグランドフィナーレを放送している(その時はちょうど日本テレビ側がチャリティーマラソンのゴール目前に差し掛かるため、音声は日本テレビ発のものも混ぜた状態とする)ほか、エンディングも一部音声は日本テレビ発のままで映像を読売テレビ発に差し替えてローカルのエンドロールを表示する。
  14. ^ テレビ朝日の『クレヨンしんちゃん』でも同様の注意文が出るが、本局では全ての作品でこの形に統一している。
  15. ^ この頃から現在に至るまで、提供クレジットの提供読みは各作品の主要キャラクターが行うのが最大の特徴の一つとなっている。
  16. ^ 撤去された跡には怪盗キッドによる犯行声明文が置かれ、「怪盗キッドに盗まれた」という体になっている。
  17. ^ 自社製作番組のうち、ニュース番組は日テレNEWS24、プロ野球中継の阪神・巨人戦は日テレG+、その他の一般番組(過去に放送されたものを含む)は日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブなど複数の放送事業者に配給されている。
  18. ^ テレビ東京系で大阪府域局のテレビ大阪も同様。過去には関西テレビ放送関西テレビ☆京都チャンネルを保有していたが、2009年を最後に閉局した。
  19. ^ 朝日放送はM-1グランプリ、関西テレビ放送はR-1グランプリ(2009~2020年はキー局のフジテレビと共同制作)、毎日放送は歌ネタ王決定戦を主催している。「歌ネタ王」は決勝の中継は原則関西ローカルだが、準決勝までの選考は他大会と同様に全国で実施している。
  20. ^ 年によってはJR西日本管内から直通列車が運行される四国・九州地方が舞台になることがある。
  21. ^ 読売テレビのエリアに隣接する(中京テレビを含む)在名広域民放テレビ局4局は、系列・ネットワークの体裁は4局全てで開局以来変更の経験がある。
  22. ^ ラジオ局に例えると、FM大阪の東京支社がTOKYO FMの本社が入居するJFNセンタービル(東京都千代田区麹町)の例があるが、TOKYO FMやFM大阪が加盟するJFNの放送局の東京支社は全社FMセンタービルに入居している。
  23. ^ 同様の例として、毎日放送東京支社がTBS本社敷地内赤坂サカスに2008年より入居している。
  24. ^ 過去には『朝の連続ドラマ』放送の為に『ルックルックこんにちは』を時差放送した例がある。また先述の様に読売グループの放送局でありながら、『週刊トラトラタイガース』や『ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW』(共に放送終了)を関西ローカルで制作・放送している。また、ズームイン!シリーズも例外なくタイトルの差し替えのない時間帯であっても、第2部(6:30以降)の内容の差し替えは他地域の局に比べ多い。
  25. ^ 笑点の公式サイトのFAQでは、かつて「関西地区での収録予定はありませんか?」という質問が掲載されていたことがあり、これについて「前提として要請のあった系列局に伺うことになっております。」の回答が載せられている。
  26. ^ なお、番組初の地方収録は本局の放送エリアである大阪府寝屋川市で行われた。桂歌丸は著書『歌丸極上ばなし』内で、この収録時に読売テレビ側の対応が悪く、出演者と対立が起きたというエピソードを紹介している。
  27. ^ a b NNN/NNS系列の山形放送と南海放送は日本テレビ合わせの「4」、ANN系列キー局のテレビ朝日は「5」、JNN系列の宮崎放送山陰放送はTBSテレビ合わせの「6」、同じく琉球放送はその「6」はAFNを連想させることからその約数「3」を、それぞれ採用した。
  28. ^ NNN加盟局で「4」が使われないのは、本局のほかは札幌テレビ放送(アナログ親局と同じ「5」)・青森放送北日本放送日本海テレビジョン放送四国放送(いずれもアナログ親局と同じ「1」)・福井放送(MBSテレビなどの隣府県民放が使用しない「7」)・福岡放送(「4」がJNN系列のRKB毎日放送に割り当てられたため、ANN系列の九州朝日放送がアナログ親局と同じ「1」を選択したことで空いていた「5」)、テレビ宮崎(トリプルネット局のため「3」)がある。
  29. ^ これで腸捻転解消まで東京地区と大阪地区では4chと10chで系列ベースで逆転することになった(NET:10-MBS:4、NTV:4-ytv:10)。
  30. ^ ブラウン管のなかに10をデザインしたもの。東京の日本教育テレビ(NETテレビ、現・テレビ朝日)や沖縄の琉球放送も類似のマークを制定していた。
  31. ^ TXNネットワークも含めた5大系列でも本局以外の2桁IDはテレビ愛知のみで、こちらはTXNネットワークを理由にキー局のテレビ東京と同じ「7」を希望していたが、その「7」どころか隣の「8」(FNN/FNS加盟局が原則だが、当該局が1chだったため「1」が埋まり、このために独立局の大半が使用する「3」もNHKが採用したので空き)も共に隣県の独立局が先に獲得したため、最後は他局のアナログ放送のチャンネルだった「9」と「11」を避けて「10」を採用した。この2局以外の2桁IDも「12」を採用していた放送大学だけで、同局の地上波が2018年10月30日に停波した後は2桁ID自体が(ケーブルテレビ自主放送エリア放送以外では)「10」同士の本局とテレビ愛知だけになった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 会社情報 - 読売テレビ
  2. ^ a b c d e 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2020』コーケン出版、2020年11月、385-387頁。
  3. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
  4. ^ 読売新聞会社案内サイト「読売新聞へようこそ」 グループ会社一覧
  5. ^ 総務省 電波利用ホームページ”. 総務省. 2017年6月20日閲覧。
  6. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、245頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、349頁。
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、372頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 『民間放送十年史』(日本民間放送連盟・1961年) 516~517ページ「読売テレビ 年表」
  10. ^ 日本放送協会 総合放送文化研究所 放送学研究28 日本のテレビ編成117ページ 1976年発行
  11. ^ キャラクターアート トッピー&クッピー サンリオ、読売テレビほか、江村信一アートの世界。 - 2020年8月20日閲覧。
  12. ^ サンリオ、トッピー&クッピー、1982年ごろ、江村信一キャラクターアートの世界、2017年8月18日。
  13. ^ a b c 2011年7月24日のアナログ放送終了時の読売テレビ YouTube [信頼性要検証]
  14. ^ “事業所移転のお知らせ”. (2020年4月1日). https://askpc.panasonic.co.jp/info/info20200401.html 2020年12月17日閲覧。 
  15. ^ 株主の皆様へ 株券不発行会社への移行に関するお知らせ - 読売テレビ
  16. ^ NNN24やNEWS24はロゴ。
  17. ^ 2009年6月から11月まではOha!4 NEWS LIVEエンディングでは表示されなかった。同年12月よりOha!4 NEWS LIVEは途中で飛び降りとなる。
  18. ^ 話題作続く日テレ系「日曜ドラマ」来年1月クールは読売テレビ制作”. マイナビニュース(2019年11月6日作成). 2019年12月30日閲覧。
  19. ^ その後2021年8月30日より『朝生ワイド す・またん!』の放送開始時間が再び5:10から拡大されたため、同年8月27日で打ち切り終了となった。
  20. ^ a b c d e “読売テレビが19年に新社屋…大阪市のOBP内”. 読売新聞. (2014年8月29日). https://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20140829-OYT8T50100/ 2014年9月2日閲覧。 
  21. ^ a b c d “読売テレビ放送、大阪ビジネスパークに新本社-制作番組増で手狭に”. 日刊工業新聞. (2014年9月1日). https://www.nikkan.co.jp/news/nkx1420140901hlap.html 2014年9月2日閲覧。 
  22. ^ “BRAVA!跡地に読売テレビ、敷地面積は現在の1.5倍”. サンケイスポーツ. (2014年8月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20140828/oth14082820230025-n1.html 2014年9月2日閲覧。 
  23. ^ 読売テレビ (2019年1月31日). “新社屋ニュース”. https://www.ytv.co.jp/fromytv/shinshaoku/ 2019年7月7日閲覧。 
  24. ^ ただし、『ゼロイチ』は読売テレビでは第1部内包の『ストレイトニュース』のみのネットとなっている。
  25. ^ 「血液型を扱う番組」に対する要望 放送倫理・番組向上機構[BPO]青少年委員会 放送と青少年に関する委員会 2004年12月8日
  26. ^ アナウンスルーム - 読売テレビ
  27. ^ “読テレ新人・澤口実歩アナ 入社式後に速攻お披露目「震え止まらない」…慶大卒”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018-04-025). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/02/0011126138.shtml 2018年4月2日閲覧。 
  28. ^ 2019年度決算ならびに役員人事について - 読売テレビ
  29. ^ 読売テレビ放送生駒送信所・無線局免許状 - 総務省
  30. ^ 徳島新聞Web 2011年7月13日 カウントダウン地デジ化 県内CATV12社、読売テレビ放送[リンク切れ]
  31. ^ 吉本タレント、世界遺産で大暴走も反省なし - 『ZAKZAK』(夕刊フジ電子版)2005年10月18日付
  32. ^ 損賠提訴:取材協力で襲撃 被害男性、読売テレビを 毎日新聞 2011年11月8日
  33. ^ 読売テレビ:匿名の取材協力者と和解 解決金100万円 毎日新聞 2013年7月7日
  34. ^ 給与下がる年俸制、一般職降格…読売TVの不当労働行為を認定 産経新聞 2011年7月26日
  35. ^ 東日本大震災:「東北の野菜や肉、健康害する」中部大教授、テレビ番組で発言 毎日新聞 2011年9月7日
  36. ^ 線路立ち入り 松本伊代さん、早見優さん書類送検 ブログ掲載 毎日新聞 2017年2月10日
  37. ^ 線路立ち入り 読売テレビ放映中止 松本伊代さん書類送検 毎日新聞 2017年2月11日
  38. ^ a b “ニュース番組で「性別突き止める」企画 批判殺到、コメンテーターも激怒”. 毎日新聞. (2019年5月12日). https://mainichi.jp/articles/20190512/k00/00m/040/011000c 2019年5月13日閲覧。 
  39. ^ 読売テレビ「容疑者」の写真は別人 ボーガン殺傷事件”. 産経新聞 2020.6.5 19:37. 2020年7月7日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「讀賣テレビ放送」の関連用語

讀賣テレビ放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



讀賣テレビ放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの讀賣テレビ放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS