漫才とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 漫才 > 漫才の意味・解説 

漫才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 13:58 UTC 版)

漫才(まんざい)とは、こっけいな掛け合いや、言い合いで客を笑わせる寄席演芸の一種。


注釈

  1. ^ 漫才コンテスト番組「M-1グランプリ2020」で優勝したマヂカルラブリーのネタに対して、SNSなどで「あれは漫才なのか」と論争となり、松本人志など他のお笑い芸人もこれに言及した(詳細はM-1グランプリ2020を参照)。

出典

  1. ^ 漫才とは” (日本語). コトバンク. 2020年12月21日閲覧。
  2. ^ 法令集の散策 - 参議院法制局
  3. ^ a b 相羽秋夫『上方漫才入門』(弘文出版、1995年)p.10「漫才とはどんな芸でしょう」
  4. ^ M-1を観て「これは漫才じゃない」という人たちが知らない漫才100年の歴史 「本格派の漫才」とは一体なにか”. 週刊文春 電子版 (2020年12月30日). 2022年5月11日閲覧。
  5. ^ a b 『上方漫才入門』p.12「ボケとツッコミの二役で成り立っています」
  6. ^ 前田勇『上方まんざい八百年史』(杉本書店、1975年)p.162
  7. ^ 『上方漫才入門』p.13「筋ふりとはどんな役でしょう」
  8. ^ 『上方まんざい八百年史』pp.198-203「漫才の種類とその本質」
  9. ^ 『上方漫才入門』p.38「俗曲漫才」
  10. ^ 『上方漫才入門』p.39「語りもの漫才」
  11. ^ 『上方漫才入門』p.40「歌謡漫才」
  12. ^ 『上方漫才入門』p.41「曲弾き漫才」
  13. ^ 『上方漫才入門』p.42「踊り漫才」
  14. ^ 『上方漫才入門』p.43「寸劇漫才」
  15. ^ 『上方漫才入門』p.44「身振り漫才」
  16. ^ 『上方漫才入門』p.45「仮装漫才」
  17. ^ 『上方漫才入門』p.46「掛け合い漫才」
  18. ^ 『上方漫才入門』p.47「ぼやき漫才」
  19. ^ 塙宣之『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』 p,22
  20. ^ a b 『上方まんざい八百年史』pp.111-117「常打ち万歳、興行さる」
  21. ^ 小島貞二『漫才世相史 改訂新版』 毎日新聞社、1978年 pp.50-53「ここらで編笠まわそうか」
  22. ^ a b 『上方漫才入門』pp.20-21「御殿漫才と三曲萬歳」
  23. ^ 漫才の歴史:演芸へと移行する万歳 文化デジタルライブラリー
  24. ^ 『上方漫才入門』pp.22-23「万才の時代」
  25. ^ 『上方まんざい八百年史』p.167
  26. ^ 『漫才世相史 改訂新版』pp.130-133「震災以前の万才」
  27. ^ a b 『上方漫才入門』pp.24-25「漫才の時代」
  28. ^ 漫才の歴史:テレビとともに時流へ 文化デジタルライブラリー
  29. ^ ノンスタ石田が語る漫才と競技化(1)「M-1の影響でネタ作りが変わった」
  30. ^ 『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』p.55
  31. ^ 『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』p.113
  32. ^ 令和2年度 文化功労者 文部科学省
  33. ^ a b c 澤田隆治『上方芸能・笑いの放送史』(日本放送出版協会1994年(平成6年))pp.30-33
  34. ^ a b c 『漫才世相史 改訂新版』pp.112-114「『漫才』に統一」
  35. ^ a b 『わらわし隊の記録』(早坂隆著、中公文庫2010年(平成22年))pp.90 - 91
  36. ^ 澤田隆治『決定版上方芸能列伝』(筑摩書房、2007年)p.235


「漫才」の続きの解説一覧




漫才と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「漫才」の関連用語

漫才のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漫才のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの漫才 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS