孫悟天 孫悟天の技

孫悟天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 07:58 UTC 版)

孫悟天の技

かめはめ波 / かめかめ波
元々は亀仙人が開発した技。トランクスに使用するが「かめめ波」と言い間違えていた(劇場版においては正しく言えている。ゲームでは技名自体が「かめかめ波」になっている場合もある)。初使用時、気のコントロールが不完全だったため武道寺本殿の屋根を少し破壊してしまう[5]
舞空術(ぶくうじゅつ)
全身の気を放出することによって空中を飛行する技。当初は使用できなかったが、悟飯の指導ですぐに飛べるようになった。元は鶴仙流独自の技。
悟天アタック[6]/突撃[7]
空中から加速をかけての突撃。横に避けられた際も地面に手を付きその反動でさらに追撃する。

劇場版アニメへの登場

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』で初登場。トランクス、ビーデルと共にドラゴンボール探しに出かける[注 6]。道中、恐竜に苦しめられているナタデ村に立ち寄り、囮を引き受ける。その時、お供え物をつまみ食いしようとしたことをビーデルに注意されて嘘泣きし、ブロリーを呼び起こすきっかけになる。トランクスと2人で戦うが、ブロリーには全く歯が立たなかった。最後は悟空、悟飯、悟天の親子三大かめはめ波によりブロリーを消滅させる。

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』では初めて作品の主人公をトランクスと共に務める。メイクイーン城にてバイオ戦士や暴走するバイオブロリーと闘う。その際、悟天は人命救助を優先していた。最後はトランクスの機転と、悟天、トランクス、クリリンのかめはめ波によって倒した。

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』ではトランクスと共に復活した独裁者軍団と戦う。

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』では悟空や悟飯と共に復活した幻魔人ヒルデガーンと戦闘。超サイヤ人3ゴテンクスに変身し、連続死ね死ねミサイルを放つが、完全体への脱皮を手伝った形になってしまう。その後、虫のように脱皮し、羽の生えたより禍々しい姿の完全体へと進化したヒルデガーンの一撃で分離に追い込まれる。

ドラゴンボールZ 神と神』では超ゴテンクスとなり破壊神ビルスに挑むが、お尻を叩かれ敗北。少年時代の悟空とそっくりな風貌から、ピラフ一味は悟空本人と勘違いしている。

ドラゴンボール超

魔人ブウとの闘いが終わり、数年後に悟飯とビーデルが結婚した頃には学校に通っている。「悪いヤツがいなくなったなら子供が戦う必要はない」というチチの方針もあり、修行よりも勉学に勤しむことが多い。畑仕事をしている悟空に頼まれて代わりにトラクターを運転することもある。

破壊神ビルス編では、ブルマの誕生パーティに参加し水鉄砲で遊んでいたが、ベジータがビルスに献上したタコ焼きピラミッド盛りの1つに誤射して怒りを買う。ゴテンクスとなってビルスに挑むも、軽くあしらわれた。

フリーザ復活編では、原作となる劇場版には登場しなかったが本作では参戦する。ゴテンクスとなってフリーザ配下のタゴマに頭突きを食らわせるも、変身が解け戦線から下がって観戦していた。トランクスと共にジャコとも対面している。後に駆け付けた悟空からトランクスと共にデンデのいる神殿へ行くよう指示される。

破壊神シャンパ編では、トランクスと共に第7宇宙選抜に選んでほしいと父親2人に詰め寄るも、試合のルール上フュージョンが使えないこともあり却下された。

“未来”トランクス編と宇宙サバイバル編の間のヒットのエピソードでは、悟空を尾行する際に悟飯の案で変装することになるが、魔人ブウ編の頃と違ってグレートサイヤマンのスーツを嫌がり、サングラスだけを着用した。

宇宙サバイバル編では力の大会のことは悟空には知らされておらず、「真っすぐすぎ、ただの力勝負ではない力の大会には経験が少なすぎる」という理由で出場は悟空に却下されており(漫画版『ドラゴンボール超』では「悟天とトランクスはどうかな?」という悟空の提案を、「ガキを巻き込むな!」とベジータが却下)[8] 、大会が開かれている間はトランクスと一緒に人造人間17号の代わりに密猟者から南の島の動物たちを守る役目を任される。

ドラゴンボール超 ブロリー』では今作では出番はほとんどなく、トランクスやピラフ一味と一緒にいた。




注釈

  1. ^ アニメではチチとの組み手中に変身し、一部のゲームでは悟飯の変身を見て覚えてなんとなくできた、ということになっている。
  2. ^ アニメ版でブウに苦戦するベジータを助けに行こうとした際、ピッコロに腕を掴まれて止められるが「兄ちゃんだったらベジータさんを助けに行くよ」と発言し、その言葉に動揺したピッコロの隙を突いて、ベジータの救出に向かった。
  3. ^ 『超』では袖の無いものに変更されている。
  4. ^ 帯とレッグウォーマーは、天下一武道会前の青年悟飯と色違い。
  5. ^ 当日はデートの予定だった。
  6. ^ 「食べても食べてもなくならないお菓子の国」が願い。
  7. ^ この時、パオズイモリの丸焼きが大好物と設定された。

出典

  1. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 3 孫悟天」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、10-11頁。
  2. ^ 渡辺彰則編「種族の章 六種族を完全考察 サイヤ人 〔ハーフの特徴〕」『ドラゴンボール大全集 第4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、44頁。
  3. ^ 鈴木晴彦編「SON GOKOU IN Z 最強!孫悟空 孫悟空FAMILIES」『テレビアニメ完全ガイド『DRAGON BALL Z』孫悟空伝説』集英社、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、38頁。
  4. ^ 鈴木晴彦編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  5. ^ 鳥山明「其之四百三十四 トランクス対孫悟天2」『DRAGON BALL 第37巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1994年4月9日、ISBN 4-08-851496-3、28頁。
  6. ^ PlayStationソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22
  7. ^ PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ3
  8. ^ 「其之三十 ジレンという男」『ドラゴンボール超 第6巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2018年6月9日、ISBN 978-4-08-881501-5、79頁。
  9. ^ G-STAR2009『ドラゴンボールオンライン』公式パンフレット
  10. ^ Vジャンプ編集部編「COLUMN(3) 年代不明のエピソードを紐解く 検証! Another年代記」『ドラゴンボール超全集 4巻』集英社(愛蔵版コミックス)、2013年5月14日、ISBN 978-4-08-782499-5、32頁。
  11. ^ 野沢雅子「序章 孫ファミリーと私」『ボクは、声優。』オプトコミュニケーションズ、1995年11月19日、ISBN 4-07-217886-1、16・18頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孫悟天」の関連用語

孫悟天のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



孫悟天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孫悟天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS