ルミナス神戸2 ルミナス神戸2の概要

ルミナス神戸2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 01:37 UTC 版)

ルミナス神戸2
ルミナス神戸2
基本情報
船種 レストラン船
船籍 日本
所有者 豊野産業
船舶整備公団[1]
運用者 ルミナス観光[1]ルミナスクルーズ→ファースト・パシフィック・キャピタル
建造所 三菱重工業神戸造船所
信号符字 JJ3868
IMO番号 9071789
MMSI番号 431000469
経歴
起工 1993年4月
進水 1993年7月
竣工 1994年1月31日[1]
就航 1994年2月20日[1]
要目 (竣工時)
総トン数 4,408トン[1]
載貨重量 1,019重量トン
全長 106.0 m[1]
登録長 100.12 m
垂線間長 95.00 m
16.0 m[1]
深さ 8.9 m[1]
喫水 4.8 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 三菱重工業 8UEC33LSII 1基[1]
推進器 1軸[1]
出力 5,870馬力[1]
最大速力 19.3ノット[1]
航海速力 18.0ノット[1]
旅客定員 700名[1]
テンプレートを表示

概要

1987年に就航した日本最初のレストラン船の一つとされるルミナス神戸の代船として、三菱重工業神戸造船所で建造され1994年に就航した。総トン数3,900トン、旅客定員750名だった前船から、総トン数4,778トン、旅客定員1,000名と一回り大きな船体となった。外観、内装ともにフランス客船ノルマンディーをイメージしたデザインとなっている[1]

ファースト・パシフィック・キャピタルへ事業譲渡

2018年の自然災害による運航中止に加え、2020年1月以降は新型コロナウイルスの感染拡大の余波でキャンセルが相次いでいたことにより、ルミナスクルーズは神戸地方裁判所民事再生法を申請、2020年3月2日に受理された[2]。当船は一時運航休止となり、代替として、同港で同じくクルーズ船「コンチェルト」を運航する神戸クルーザーの親会社が支援を表明。ルミナスに予約し前払いをしている顧客には、コンチェルトがサービスを代行する[3][4]

ルミナス神戸2の運航は、2020年8月にルミナスクルーズから、神戸クルーザーの筆頭株主であるファースト・パシフィック・キャピタルへ譲渡され、2020年12月の運航再開を目指すとした[5]。旧運航会社であったルミナスクルーズは、同年9月23日に神戸地方裁判所から民事再生手続廃止決定を受け、同年10月20日に破産手続開始決定を受けた[6]

ファースト・パシフィック・キャピタルによる運航再開はコロナ禍により当初予定より遅れたものの、2021年11月より再運航している[7][8]

航路

中突堤-和田岬沖-須磨沖-明石海峡大橋通過-播磨灘-明石海峡大橋通過-大阪湾-中突堤

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 世界の艦船(1994年4月号,p120)
  2. ^ 民事再生に関するお知らせ (PDF)”. ルミナスクルーズ (2020年3月2日). 2020年3月2日閲覧。
  3. ^ 「ルミナス神戸2」一時運航休止に伴う「コンチェルト」様での代替クルージングのご案内 (PDF)”. ルミナスクルーズ (2020年3月2日). 2020年3月2日閲覧。
  4. ^ 「ルミナス神戸2」運航休止に伴う弊社対応について”. 神戸クルーザー (2020年3月2日). 2020年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月2日閲覧。
  5. ^ 「ルミナス神戸2」運航開始に伴うお知らせ”. 神戸クルーザー (2020年10月12日). 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  6. ^ 追報:コロナ関連倒産のルミナスクルーズ(株)(神戸)/民事再生手続き廃止 破産へ”. JC-net. (2020年9月24日). 2020年9月24日閲覧。
  7. ^ 「ルミナス神戸2」が1年8カ月ぶり復活 コロナ禍で運営会社が倒産” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年7月26日閲覧。
  8. ^ 兵庫:荒波越え 復活の汽笛…ルミナス神戸2:地域ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年1月24日). 2022年7月26日閲覧。
  9. ^ a b c THE KOBE CRUISE - ACCESS” (日本語). 2022年7月26日閲覧。


「ルミナス神戸2」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ルミナス神戸2のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルミナス神戸2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルミナス神戸2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS