ペン 比喩

ペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 12:30 UTC 版)

比喩

ペンは転じて、言葉・文章、文章を書くことを比喩的(メタファー的に)指す場合もある。「ペンは剣よりも強し」は、言葉の力は武力・暴力よりも強い、といった意味である。また、「ペンネーム」「ペンパル」などもその類である。

また、ペンのように細長い物をペンに喩える例も見られ、ペンではないのに名称に「ペン」と付く事例が幾つもある。例えば、アナフィラキシーショックの治療に使用することのあるエピペン[17]、糖尿病治療に使用することのあるインスリン自己注射キット[18]の商品名の一部(ノボペン[19]、ヒューマペン、フレックスペン[20]、ミリオペン[21]など[22])、電気機器への入力に使うデジタルペン[23][24]、やる気ペン[25]が挙げられ、裁縫に用いるチャコペンなどはチョークを芯にした鉛筆(ペンシル)である。

主な製造メーカー

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


注釈

  1. ^ 個人認証としての認証は、電子化により様式を変えた[11]

出典

  1. ^ 西川 嘉廣「紀元前に生まれた筆記具--「葦ペン」の歴史」『百万塔』第116号、紙の博物館、2003年10月、 68-73頁、 ISSN 0439-9862NAID 40006005868
  2. ^ a b Julie Pelc, The Jewish Bible: A JPS Guide,The Jewish Publication Society,2010. p.26
  3. ^ 『身辺細貨、喫煙具、筆記具 — 米国の貿易および関税情報』日本貿易振興会、1970年。 NCID BA61865928 
  4. ^ 永井 芳男「ボールペンとサインペン・出そろった現代社会の筆記具--技術は突破する-36-」『朝日ジャーナル』第7巻第53号、朝日新聞社、1965年12月、 35-40頁、 ISSN 0571-2378NAID 40000070233
  5. ^ 「機構に工夫を凝らした文具が続々」『日経ものづくり』第645号、日経BP社、2008年6月、 36-40頁、 ISSN 1349-2772NAID 40016083240
  6. ^ a b 消せる、滑らか、多色…最新ペン「選ぶべき1本」 (最新の使いこなしワザ一挙公開! 文具術--アイデア文具からデジタルまで) -- (選べる!使える!)」『日経ビジネスassocie』第10巻第6号、日経BP社、2011年4月5日、 44-48頁、 ISSN 1347-2844
  7. ^ 「「筆記具なんてどれも同じ」と思っていませんか? シーン別 最適の1本を探す (特集 最新版 仕事に効く! 文具術) -- (賢人直伝! 特別講座)」『日経ビジネスassocie』第11巻第2号、日経BP社、2012年3月、 46-49頁、 ISSN 1347-2844NAID 40019201539/
  8. ^ 「技術&イノベーション 超極細ボールペン 世界最小の文字が書ける」『日経ビジネス』第1290号、日経BP社、2005年5月9日、 90-92頁、 ISSN 0029-0491NAID 40006705541/
  9. ^ 川端 克彦「筆記具用インキ(<特集>記録と記憶のメカニズム)」『化学と教育』第43巻第5号、公益社団法人 日本化学会、1995年、 286-290頁、 doi:10.20665/kakyoshi.43.5_286ISSN 0386-2151NAID 110001828723
  10. ^ 後居 洋介「添加剤としてのセルロースナノファイバーの特徴」『粉砕』第62巻、ホソカワミクロン株式会社、2018年、 39-43頁、 doi:10.24611/micromeritics.2019009ISSN 0429-9051NAID 130007530913/
  11. ^ 安田久美子、村松大吾、松井淳、松本隆「動画像によるオンライン署名認証 Sequential Monte Carlo を用いたペン先追跡」『電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解』第107巻第384号、一般社団法人電子情報通信学会、2007年12月6日、 53-58頁、 ISSN 0913-5685NAID 110006549345
  12. ^ みつろうぺん(トップページ)”. mitsuroupen.jp. 2020年12月20日閲覧。
  13. ^ 土井, 幸輝、豊田, 航、田中, 隆「S153012 視覚障害者用の触図筆ペンの開発と評価(S153012 触覚インターフェース(1))」『年次大会 (The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan)』第2011巻、一般社団法人 日本機械学会、2011年、 S153012–1–_S153012-4、 doi:10.1299/jsmemecj.2011._S153012-1ISSN 2424-2667
  14. ^ 田中隆「町工場発の新たな筆記具「触図筆ペン」(特集 生活を支援する福祉機器(2))」『リハビリテーション』第547号、鉄道身障者福祉協会、東京、2012年10 月、 14-17頁、 ISSN 0035-5305
  15. ^ 有限会社 安久工機「視覚障害者用筆記具「触図筆ペン」」『計測と制御』第55巻第2号、公益社団法人 計測自動制御学会、2016年、 114-115頁、 doi:10.11499/sicejl.55.114ISSN 0453-4662NAID 130005127138
  16. ^ 天白成一、平井俊男、傍島康雄、藤井泰宏、三木睦明「iPadを利用した発声障がい者向け日常会話補助用音声合成装置」『電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学』第110巻第221号、一般社団法人電子情報通信学会、2010年10月1日、 81-86頁、 ISSN 0913-5685
  17. ^ 佐藤さくら、田知本寛、小俣貴嗣、緒方美佳、今井孝成、富川盛光、宿谷明紀、海老澤元宏「食物アレルギー患者へのエピペン^【○!R】処方症例の検討」『Nihon Shoni Arerugi Gakkaishi. The Japanese Journal of Pediatric Allergy and Clinical Immunollogy』第21巻第2号、日本小児アレルギー学会、 187–195、 doi:10.3388/jspaci.21.187ISSN 0914-2649
  18. ^ (PDF) 『インスリン自己注射ガイド』日本糖尿病協会、2014年https://www.nittokyo.or.jp/uploads/files/GUIDE_140515_B5.pdf2020年12月20日閲覧 
  19. ^ 日経メディカル. “ノボ、新型のインスリンペン型注入器「ノボペン4」発売” (日本語). 日経メディカル. 2020年12月20日閲覧。
  20. ^ 日経メディカル処方薬事典. “ノボラピッド注フレックスペンの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典” (日本語). 日経メディカル処方薬事典. 2020年12月20日閲覧。
  21. ^ 日経メディカル処方薬事典. “ヒューマログ注ミリオペンの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典” (日本語). 日経メディカル処方薬事典. 2020年12月20日閲覧。
  22. ^ (PDF) 『インスリンペン型注入器とその注射針(A型専用注射針)の組み合わせ使用について』医薬品医療機器総合機構〈PMDA 医療安全情報〉、2009年2月https://www.pmda.go.jp/files/000145653.pdf2020年12月20日閲覧 
  23. ^ 橋本 美奈子、長嶋雲兵、冨樫雅文、細矢治夫「ペン入力のための楕円形仮想キーボードとベクトル入力法」『情報処理学会論文誌』第37巻第11号、一般社団法人情報処理学会、1996年11月15日、 2105-2115頁、 ISSN 1882-7764
  24. ^ 平林ルミ、河野俊寛、中邑賢龍「小学生の視写における書字行動プロセスの時間分析」『特殊教育学研究』第48巻第4号、一般社団法人 日本特殊教育学会、2010年、 275-284頁、 doi:10.6033/tokkyou.48.275ISSN 0387-3374NAID 110008661614
  25. ^ 髙瀬文人「しゅくだいやる気ペン コクヨ 子どもの「やる気」と親子関係をリ・デザインした筆記具。 (特集 手書きを味わう 偏愛文具) -- (デジタル時代の手書きの効用。)」『東京人』第34巻第13号、都市出版、2019年12月、 63-65頁、 ISSN 0912-0173NAID 40022045202
  26. ^ 「商品開発 三菱鉛筆/筆記具メーカー 40年越しの改革、奏功」『日経ビジネス = Nikkei business』第2058号、日経BP、2020年9月21日、 50-54頁、 ISSN 0029-0491NAID 40022347464


「ペン」の続きの解説一覧




ペンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ペンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS