さいたまに子 さいたまに子の概要

さいたまに子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 20:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
さいたまに子
小新井涼
小新井涼
誕生日 8月27日
性別
年齢 いまいち萌えない娘先輩の2コ年下
身長 150 cm
体重 さつまいも??個分
スリーサイズ ないすばでー
特技 パクr…オマージュ!
職業 サイタマニア特別編集員
武器 深谷ねぎ
所属 埼玉新聞社
階級 コニマ大佐[1]
口癖 まにまに、イラッ☆
尊敬する先輩 いまもえ先輩
決め台詞 フカヤァァァァ
出典 さいまに! ~さいたまに子公認ブログ~[リンク切れ]
テンプレートを表示

来歴

埼玉新聞社は埼玉県の緊急雇用創出基金事業に基づいて、「アニメスマートフォンを活用した観光誘客事業」の編集スタッフ3人、SE(システムエンジニア)2人の契約社員を2012年8月27日の埼玉新聞紙面にて募集した。これに際して「オタ就活」と題した紙面に掲載されたイラストが、このキャラクターの初出である。イラストの右には「問 この絵を見てどう思いましたか。」下には「答 ①フツーにかわいい ②どこかで見たことがある ③何だかイラッときた」のキャッチコピーが付けられていた[3]

この募集広告が公開された後、同様の広告から誕生した神戸新聞社の「いまいち萌えない娘」のパクリ[4]ではないかと各種ネットニュースで話題になった。「答 ③」の「何だかイラッときた」から「ちょっとイラッとする娘」(別称「いら子」)と呼ばれるようになった。

2013年3月23、24日 東京国際アニメフェア2013にパネルを出展[5]

2013年9月1日 鷲宮神社の土師祭で行われた女装コスプレコンテストに、超ショートフラッシュアニメでさいたまに子の声を担当し公式コスプレイヤーも務める小新井涼が、さいたまに子のコスプレで司会者を務めた[6][7][8]。また同時にさいたまに子フォトコンテストも開催された[9]

2013年10月10日 第一回アニ玉祭のプレイベントがスカイツリーで行われ、小新井涼がさいたまに子で司会を務めた。

2014年8月20日萌えキャラ学会の正会員となった。

デザイン

拝身朋幸のイラスト[10]を元に、お団子頭と手袋と靴を引き継いでリライトされた[11]

関連項目

外部リンク


  1. ^ こにまたいさ…コニマ大佐! RT @kobeimamoe: こいなえもちいまい #名前を逆さまにして一番違和感無かったヤツ優勝 「恋苗餅・今井」 2013年3月2日
  2. ^ 「ピチピチにもふわふわにも自由自在なすっごいスカートですよん!」 2012年11月27日
  3. ^ オタ就活 スタッフ急募!! 埼玉県緊急雇用創出基金事業”. 埼玉新聞社 (2012年8月27日). 2012年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月27日閲覧。
  4. ^ 「正解です。」 2012年8月27日
  5. ^ 神戸新聞の「いま萌え」さんと念願のツーショット実現!@東京国際アニメフェア
  6. ^ 【土師祭】出場者は男性のみ…「わしみやMISSコン」GPにこゆきさん”. Yahoo!ニュース (2013年9月1日). 2013年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  7. ^ 出場者は男性のみ…「わしみやMISSコン」GPにこゆきさん”. 埼玉新聞社 (2013年9月1日). 2013年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  8. ^ 女優の小新井涼さん、本紙特集号「サイタマニア土師祭」配布”. 埼玉新聞社 (2013年9月1日). 2013年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  9. ^ 土師祭まにコン 小新井 涼さんのさいたまに子”. さいまに! (2013年9月8日). 2013年9月11日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 拝身朋幸 (2012年9月7日). “さいたまに子・らくがき詰め合わせ”. pixiv. 2012年12月15日閲覧。
    二枚目が原画。
  11. ^ さいたまに子誕生秘話 2012年8月28日


「さいたまに子」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

さいたまに子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さいたまに子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさいたまに子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS