quinoaとは? わかりやすく解説

キヌア【quinoa】

読み方:きぬあ

キノア


キノア【quinoa】

読み方:きのあ

《「キヌア」とも》アカザ科一年草種子直径2~3ミリで、穀物として食用南アメリカアンデス高原地帯原産で、インカ帝国時代から栽培種子スープやかゆ、粉はパンやケーキなどに用いられる

キノアの画像
キノアの実

キヌア

(quinoa から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 17:24 UTC 版)

キヌア西: Quínuaケチュア語:kinwa または kinuwa、学名Chenopodium quinoa)またはキノアQuinoa)は、ヒユ科アカザ亜科アカザ属植物[1]アカザとは同ホウレンソウビートとは同である。南米アンデス山脈の高地アルティプラーノにおいて、数千年前より食用に栽培されている擬似穀物: Pseudocereal)であり、トウジンビエシコクビエキビ(黍)、アワ(粟)、ヒエ(稗)などと同様に、雑穀に分類される[2]


  1. ^ クロンキスト体系ではアカザ科に分類されていたが、APG植物分類体系第3版ではヒユ科アカザ亜科に分類されている
  2. ^ 雑穀について 日本雑穀協会
  3. ^ a b c d e FAO統計
  4. ^ a b c 「キヌアに多様性 品種の改良期待/干ばつ地帯、高塩分でも発芽 国際農研」『日本農業新聞』2020年10月13日(11面)
  5. ^ 旭川地域拠点 > フォトレポート > キヌアの花が咲きました 農林水産省北海道農政事務所(2019年6月1日閲覧)
  6. ^ 地域戦略策作物「キヌア」試験栽培 裾野市(2021年3月12日閲覧)
  7. ^ a b 奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 世界食糧供給の一助となるかAFP(2017年2月9日)2017年2月12日閲覧
  8. ^ Tester M, et al. (16 February 2017), “The genome of Chenopodium quinoa”, Nature 542 (7641): 307-312, doi:10.1038/nature21370 
  9. ^ en:quinoa#biologyより。
  10. ^ 「雌性両性花同株または雌性両性花異株」と原典にあるが雌雄両性花の誤植ではないかと思われる。
  11. ^ a b c d 藤倉雄司, 本江昭夫, 山本紀夫「キヌアは栽培植物か? : アンデス産雑穀の栽培化に関する一試論」『国立民族学博物館調査報告』第84巻、国立民族学博物館、2009年、 225-244頁、 ISSN 1340-6787NAID 120006390391
  12. ^ a b 桂圭佑, Bonifacio Alejandro, 藤倉雄司, 安井康夫, 藤田泰成「ボリビア・アルティプラノにおけるキヌア(Chenopodium quinoa Willd.)栽培の現状と課題」『農業および園芸』第93巻第11号、養賢堂、2018年11月、 951-958頁、 ISSN 0369-5247NAID 40021717341
  13. ^ Kolata, Alan L. (2009年). “Quinoa”. Quinoa: Production, Consumption and Social Value in Historical Context. Department of Anthropology, The University of Chicago. 2013年7月3日閲覧。
  14. ^ Heiser Jr., Charles B. & Nelson, David C. (September 1974). “On the Origin of the Cultivated Chenopods (Chenopodium)”. Genetics 78 (1): 503-5. PMC 1213209. PMID 4442716. http://www.genetics.org/cgi/content/abstract/78/1/503. 
  15. ^ Popenoe, Hugh (1989). Lost crops of the Incas: little-known plants of the Andes with promise for worldwide cultivation. Washington, D.C.: National Academy Press. p. 149. ISBN 0-309-04264-X. https://books.google.co.jp/books?id=jMlxpytjZq0C&printsec=frontcover&dq=Lost+crops+of+the+Incas&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=quinoa&f=false 
  16. ^ Bailey, Garrick Alan; Peoples, James (2009). Humanity: an introduction to cultural anthropology. Belmont, CA: Wadsworth Cengage Learning. p. 120. ISBN 0-495-50874-8 
  17. ^ The Times of India Quinoa holds hopes for dry Anantapur
  18. ^ How To Cook Quinoa, Easy Quinoa Recipe”. Savvy Vegetarian. 2012年6月9日閲覧。
  19. ^ 文部科学省 「食品データベース」
  20. ^ 米国農務省 Quinoa uncooked
  21. ^ a b USDAのデータ
  22. ^ “「世界キヌア年」、ボリビア大統領が多国籍企業批判”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年2月21日). http://www.afpbb.com/article/economy/2929921/10321810 2013年2月21日閲覧。 
  23. ^ 小麦の国際価格は2013年6月時点で約0.24米ドルで(BBC commoditites)キヌアはその12倍である。先進国では健康食品としてキロあたり10米ドル以上の小売価格である。
  24. ^ USDA Grain Report - Peru Quinoa
  25. ^ a b c d e 国連大学 「キヌアがアンデス地方に富をもたらす」
  26. ^ Peru this Week Peru’s quinoa sees increase in popularity
  27. ^ インデペンデント(The Independent) Quinoa: Good for you - bad for Bolivians
  28. ^ 農林水産省・e-Stat 「小豆」
  29. ^ a b ガーディアンCan vegans stomach the unpalatable truth about quinoa?
  30. ^ Peru this Week Government child nutrition program inflates price of quinoa, businessman claims
  31. ^ ハフィントン・ポスト Who Grows Our Food: The Fair Trade Quinoa Farmers of the Altiplano
  32. ^ FAOSTATデータ、ボリビアの2000年のキヌアの生産量23785トン、輸出1436トン、人口8307000より算出。
  33. ^ 国際連合食糧農業機関「国際キヌア年エキスポ2013・数千年前に種蒔かれた未来」
  34. ^ PRI's The World Peru's Asparagus Boom Threatening Local Water Table
  35. ^ Hopper, Tristin (2013年3月25日). “Jews divided by great Passover debate: Is quinoa kosher?”. National Post. 2013年11月24日閲覧。
  36. ^ Nemes, Hody (2013年12月23日). “Quinoa Ruled Kosher for Passover”. Forward. 2014年2月7日閲覧。
  37. ^ es:Chenopodium_quinoa#Nombre comúnより。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「quinoa」の関連用語

quinoaのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



quinoaのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキヌア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS