gaslightingとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > gaslightingの意味・解説 

ガスライティング


ガス灯

(gaslighting から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 04:38 UTC 版)

ガス灯(ガスとう)は、ガス燃料燃焼による照明


  1. ^ イングリッド・バーグマンの主演で知られる「ガス燈」は、舞台設定が1875年で魚尾型の時代であるが、現れるガス灯のほとんどはガスバーナーのような単管の裸火タイプである。ちなみにこの映画では、犯人である夫がガス灯の明るさを故意に変動させ主人公が自分の精神状態を疑うように仕向ける。ここから心理的虐待の一種を示すガスライティングという言葉が生まれた。
  2. ^ a b c d e 松本, 栄寿「5 エジソンの電気料金」『「はかる」世界』玉川大学出版部、2000年、153-156頁。ISBN 9784472401114
  3. ^ 『民具の世相史』152頁。
  4. ^ a b 堀江誠二「ガス灯の点消方」。
  5. ^ 続々歌舞伎年代記 田村成義編
  6. ^ 『民具の世相史』152頁。
  7. ^ 『民具の世相史』153頁
  8. ^ 「大阪はガス燈時代 東北六県・中国も深刻」『朝日新聞』昭和26年10月6日
  9. ^ “「暗い怖い」でLED化へ 「日本一のガス灯通り」消える”. 産経新聞. (2015年9月12日). http://www.sankei.com/premium/news/150912/prm1509120003-n1.html 2016年11月24日閲覧。 
  10. ^ “「明るくなった」四街道・めいわ地区 「日本一のガス灯通り」LED化”. 産経新聞. (2016年4月12日). http://www.sankei.com/region/news/160412/rgn1604120058-n1.html 2016年11月24日閲覧。 
  11. ^ 千葉県の日本一・世界一(第2版)[要文献特定詳細情報]


「ガス灯」の続きの解説一覧

ガスライティング

(gaslighting から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/15 10:09 UTC 版)

ガスライティング: gaslighting)は心理的虐待の一種であり、被害者に些細な嫌がらせを行ったり、わざと誤った情報を提示し、被害者が自身の記憶知覚、正気を疑うよう仕向ける手法[1]。例としては、嫌がらせの事実を加害者側が否定してみせるという単純なものから、被害者を当惑させるために奇妙なハプニングを起こして見せるといったものまである。




  1. ^ Dorpat, T.L. (1994). “On the double whammy and gaslighting.”. Psychoanalysis & Psychotherapy 11 (1): 91-96. 
  2. ^ a b Dorpat, Theodore L. (1996-10-28). Gaslighting, the double whammy, interrogation, and other methods of covert control in psychotherapy and psychoanalysis. J. Aronson. ISBN 978-1-56821-828-1. http://books.google.com/books?id=3vLaAAAAMAAJ 2013年4月28日閲覧。 
  3. ^ a b Jacobson, Neil S.; Gottman, John Mordechai (1998-03-10). When men batter women: new insights into ending abusive relationships. Simon and Schuster. pp. 129–132. ISBN 978-0-684-81447-6. http://books.google.com/books?id=PXvhE_AD084C 2013年4月28日閲覧。 
  4. ^ Abuse prevention how to turn off the gaslighters”. The guardian (2019年3月2日). 2020年11月20日閲覧。
  5. ^ Rush, Florence (1992-02). The best-kept secret: sexual abuse of children. Human Services Institute. p. 81. ISBN 978-0-8306-3907-6. http://books.google.com/books?id=GXgDjnFL2xcC 2013年4月28日閲覧。 
  6. ^ Santoro, Victor. (1994) Gaslighting: How to Drive Your Enemies Crazy. Loompanics Unlimited, ISBN 1559501138, ISBN 978-1-55950-113-2.
  7. ^ 「(1)ガスライティング・アビー」『トゥ・アゲインスト・ネイチャー』スティーリー・ダン、 DVD:1枚 (52分)、ワーナーミュージック・ジャパン、2000年。レーベル名 : ジャイアント。
  8. ^ 「(1)ガスライティング・アビー」『トゥ・アゲインスト・ネイチャー』スティーリー・ダン、東京 : BMGファンハウス、2000年。CD(12cm)1枚、収録時間: 51分32秒。レーベル名 : ジャイアント。
  9. ^ ワーナー・ミュージック・ジャパン盤DVD[7]ならびにBMGファンハウス盤CD[8]
  10. ^ McPartland, Marian (2005). Marian McPartland's Piano Jazz with Steely Dan. Beverly Hills, CA: Concord Records 
  11. ^ Stout, Martha (2006-03-14). The Sociopath Next Door. Random House Digital. pp. 94–95. ISBN 978-0-7679-1582-3. http://books.google.com/books?id=PyOjlz_2SG0C 2013年4月28日閲覧。 
  12. ^ Gass, Gertrude Zemon; Nichols, William C. (1988). “Gaslighting: A marital syndrome”. Journal of Contemporary Family Therapy 10 (1): 3–16. doi:10.1007/BF00922429. 
  13. ^ Cawthra, R.; O'Brian, G.; Hassanyeh, F. (1987). “'Imposed psychosis': A case variant of the gaslight phenomenon”. British Journal of Psychiatry 150: 553-556. 
  14. ^ Lund, C.A.; Gardiner, A.Q. (1977). “The gaslight phenomenon: An institutional variant”. British Journal of Psychiatry 131: 533-534. 
  15. ^ a b Weinshel, Edward M.; Wallerstein, Robert S. (2003-01). Commitment and compassion in psychoanalysis: selected papers of Edward M. Weinshel. Analytic Press. p. 83. ISBN 978-0-88163-379-5. http://books.google.com/books?id=mwf0ZOUli6wC 2013年4月28日閲覧。 
  16. ^ a b Nelson, Hilde Lindemann (2001-03). Damaged identities, narrative repair. Cornell University Press. pp. 31–32. ISBN 978-0-8014-8740-8. http://books.google.com/books?id=EjL9qyGmJF4C 2013年4月28日閲覧。 


「ガスライティング」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「gaslighting」の関連用語

gaslightingのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



gaslightingのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガス灯 (改訂履歴)、ガスライティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS