KKD法とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > KKD法の意味・解説 

KKD法

読み方ケーケーディーほう
別名:勘、経験、度胸

KKD法とは、プロジェクト推進見積もり算出などの場面において、「勘、経験、度胸」を頼りにするという考え方を、頭字語的に表現したものである。

KKD法では、長年経験、すなわち過去事例主な基準として判断を行う。経験に基づく判断は、多く場合ある程度はうまく処理できる。しかしながら、人により判断ばらつきが生じたり、経験したことのない事例にはうまく対処できるとは限らず逆に経験によって根本的原因見落としたり、といった弊害懸念される

KKD法に頼らずに事を進める方法としては、プロジェクトマネジメントであればPMBOK見積もりであればCOCOMOといった、標準化された手法を用いる考え方がある。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「KKD法」の関連用語

1
58% |||||

KKD法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



KKD法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリKKD法の記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS