鳶がクルリととは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 鳶がクルリとの意味・解説 

鳶がクルリと

原題:
製作国:日本
製作年:2005
配給:東映
スタッフ
監督:薗田賢次 ソノダケンジ
製作:黒澤満 クロサワミツル
プロデューサー:國松達也 クニマツタツヤ

塚田有希 ツカダユキ
原作:ヒキタクニオ ヒキタクニオ
脚色:丸山昇一 マルヤマショウイチ
企画:遠藤茂行 エンドウシゲユキ
撮影:柳島克己 ヤナギジマカツミ
音楽:遠藤浩二 エンドウコウジ

HOMEGROWN ホームグロウン
音楽プロデューサー:津島玄一 ツシマゲンイチ

小磯謙 コイソケン
美術:小川富美夫 オガワフミオ
編集:大畑英亮 オオハタエイスケ

薗田賢次 ソノダケンジ
録音:ヒキタクニオ ヒキタクニオ

柴山申広 シバヤマノブヒロ
スクリプター:生田透子 
スチール:加藤義一 

川澄雅一 
音響効果:伊藤瑞樹 イトウミズキ
その他:望月政雄 モチヅキマサオ

岩下真司 イワシタシンジ

湯澤幸夫 ユザワユキオ

宮本茉莉 ミヤモトマリ

金子正人 カネコマサト

佐藤高典 サトウタカノリ

泉有紀 

田中洋平 タナカヨウヘイ

中川大地 ナカガワダイチ

金井圭一 カナイケイイチ

小柴浩 コシバヒロシ

鴫原譲 シギハラユズル

竹田直樹 タケダナオキ

ステップ ステップ

瀬木一将 

築山保 

霞涼二 

ALISAMIZUKITOASIAN2 
助監督:山田敏久 ヤマダトシヒサ
照明:舘野秀樹 タテノヒデキ
キャスト(役名
観月ありさ ミヅキアリサ (中野貴奈子
哀川翔 アイカワショウ (高松悦治)
通山愛里 トオリヤマアイリ (高松ツミ
宇津井健 ウツイケン (池谷定吉
塩見三省 シオミサンセイ (石坂勇介)
杉浦太雄 スギウラタカオ (豊田健次
須藤元気 スドウゲンキ (尾関剛
品川祐 シナガワヒロシ (島村太)
庄司智春 ショウジトモハル (島村風太
風吹ジュン フブキジュン (飯野圭子)
曽根英樹  (大岡栄介)
平泉成 ヒライズミセイ (城目喜市)
小林すすむ コバヤシススム (野中努)
ジル・ボーフィス ジル・ボーフィス (ブリック・マイヤー)
窪塚洋介 クボヅカヨウスケ (美容師
前田昌代 マエダマサヨ
三浦敦子 ミウラアツコ
菊田絢 キクタアヤ
中村純子 ナカムラジュンコ
森川絢 モリカワジュン
野口真緒 ノグチマオ (石原亜美
森優貴 モリユウキ (戸拓也)
本多章一 
針原茂 ハリハラシゲル
吉中六 ヨシナカロク
歌澤寅右衛門 
両國宏 リョウゴクヒロシ
中島朋人 ナカジマトモヒト
峰剛一 ミネゴウイチ
三遊亭円龍 サンユウテイエンリュウ
家中宏 
押野大地 オシノダイチ
鈴木勝比古 スズキカツヒコ
鳥井裕美 
斉藤洋子 サイトウヨウコ
相川ひな アイカワヒナ
柏さち子 カシワサチコ
野貴葵 ノラカアオイ
つかさまり ツカサマリ
解説
会社命令で、畑違い鳶職人仕事をする羽目になったエリートOL奮闘成長を描いた人情コメディ監督は「Jam Films S/Tuesday」の薗田賢次ヒキタクニオによる同名小説を基に、「クイール」の丸山昇一脚色撮影を「座頭市」(北野武監督作)の柳島克己担当している。主演は「KEEP ON ROCKIN'」の観月ありさ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
キッズ関連商品を扱う大企業“G&B社”の企画開発課に勤めエリートOL中野貴奈子は、夢をかけたプロジェクトプレゼン敗退してしまい会社文化的側面アピールする為の“サテライトビル移転準備室”へ異動命じられる。そこで彼女が担当するのは、ドイツ人アーティスト、ブリック・マイヤーのデザインした巨大モニュメント設置。この仕事成功すれば、チーフ待遇で元の部署に戻れるとあって俄然張り切る貴奈子であった――が、たった14日間の工期難し作業に、請け負ってくれる鳶職人が見つからず、仕方なくひょんなことから知り合った集団日本晴れ”に頼らざるを得なくなるのだが、昔気質の彼らは彼女を相手にもしてくれないこのまま結婚でもしてしまおうか。しかし、ここで諦めたらエリートOLの名が廃る弁当持参で彼らの仕事見学したり、マイヤー本人連れて行ったり、“隼”と呼ばれる鳶職人司令塔・悦治のお転婆娘ツミの恋の手助けをしたりと、貴奈子日参続けた。お陰で、そんな彼女の心意気に打たれた日本晴れ面々工事引き受けてくれ、見事、モニュメント完成するのであった。

鳶がクルリと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 23:22 UTC 版)

鳶がクルリと』(とびがくるりと)は、2005年公開の日本映画。監督は薗田賢次ヒキタクニオの同名小説(新潮社刊)が原作となっている。文春きいちご賞第9位。






「鳶がクルリと」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳶がクルリと」の関連用語

鳶がクルリとのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳶がクルリとのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳶がクルリと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS