非常呼集とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 非常呼集の意味・解説 

ひ じょうこしゅう -じやう -しふ [4] 【非常呼集】

非常の際に関係者呼び集めること。特に、軍隊で、非常の際に武装して集合させること。

非常呼集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/01 07:53 UTC 版)

非常呼集(ひじょうこしゅう)とは軍隊で、非常の事件が起った場合に、これに応じるために営内及び駐屯(基地)地周辺に居住する兵(隊員)に武装させ集合させることである。世界各国の軍隊が当たり前のものとして備えている制度であり、日本においても、自衛隊や警察の戦闘部隊には「警急呼集」と呼ばれる同様の制度がある。


  1. ^ 必要に応じて災害派遣要請前に情報幹部等を最寄りの自治体に派遣し情報収集を開始する例もある
  2. ^ 航空機は高速で移動できるため、迎撃するためには秒単位での行動が求められる。


「非常呼集」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「非常呼集」の関連用語

非常呼集のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



非常呼集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非常呼集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS